野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・冬袴下

実物の冬袴下。
袴下01
そういや袴下は持ってなかったなあ・・・・・・
生地は生成りのネル生地。

検定印。
袴下05
中号、昭和十七年製、本廠検定。

記名は印が押してあります。
袴下06
こんな方法もあったんですね。

腰回りは割と自由が効きそうな構造。
袴下02

股と尻は補強が入ってます。
袴下03

袴下04
まあ、摩擦の多い部位ですからね。

袴下は襦袢に対し、終戦まで殆ど変らなかったそうで。
なお、先方の語るところによれば、当時の価格は1円20銭だそうで。
web拍手 by FC2
  1. 2016/12/24(土) 12:54:44|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

複製・四五式軍帽其の二

だいぶ前の話になるんですが、四五式軍帽を買いました。
ふきや四五式軍帽01
今度のはふきや製。

なんか帽章ずれてるような。

内張り。
ふきや四五式軍帽03
実際に少しずれてますね・・・・・・。
寸法は57。

ビン革。
ふきや四五式軍帽04
豚革。
実物は茶色でしたね。

耳章。
ふきや四五式軍帽02
なんか随分平べったい・・・・・・

鳩目。
ふきや四五式軍帽06

中田製と。
ふきや四五式軍帽07

正面。
ふきや四五式軍帽08
こうして見ると、生地の違いがよく分かりますね。
どうやら複製生地のようです。
色味からすると大正期あたりが近いですね。

鳩目の間隔はそんなに変わらない。
ふきや四五式軍帽05

実物と三兄弟。
ふきや四五式軍帽09

顎紐。
ふきや四五式軍帽10
困ったことにプラスチック製。
また作ろうかとも思いましたが結構面倒なのですよね・・・・・
ひとまず余剰の中田製顎紐でも付けておきましょう。

web拍手 by FC2
  1. 2016/12/24(土) 12:19:27|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実物・陸軍指揮刀

陸軍の指揮刀。
昭和11年夏上衣11
鞘は金属成型かな・・・・・・

環は一つ。
指揮刀01
割と状態はいいです。

駐爪も完動。
指揮刀02
錆付きも特になし。

柄。
指揮刀03
鼈甲の柄に金モール巻。

柄頭。
指揮刀04
桜。

柄の彫金。
指揮刀05
桜と旭日章。
階級で異なりますが、これは・・・・・・尉官と佐官どっちだ?
指揮刀06
尉官用にしては彫金が長く、佐官用にしては短いような・・・・・・
なんだこの中途半端な長さは。
指揮刀07

刀身。
指揮刀08
あまり錆びの類も浮いておらず良好。

刀緒もいずれ調達したいところ。
web拍手 by FC2
  1. 2016/10/05(水) 00:15:25|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昭和21年制式冬制帽

昭和21年制式の冬制帽が手に入りました。
s21wht01.jpg

当時のものは生地が濃紺絨で、庇と顎紐が革製です。
s21wht06.jpg

耳章と帯章。
s21wht05.jpg
当時の巡査級帯章は30ミリ幅。

耳章は割り足式。
s21wht04.jpg

内張り。
s21wht03.jpg
タグなし。
寸法は3号ってとこです。
天井部にプラスチックが使用されてます。

昭和21年制式冬上衣と。
s21wht09.jpg

やはりかなり生地質は近い。
s21wht10.jpg

昭和31年制式冬制帽と。
s21wht07.jpg

左が21年制式。右が31年制式。
s21wht08.jpg
やはり微妙に色味が変わってますね。
web拍手 by FC2
  1. 2016/10/03(月) 00:01:03|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和31年制式雨衣

雨衣を調達しました。
s31雨衣01
袋に入ったまま調達できました。
これは中々・・・・・・
引っ張り出してみたところ、かなりゴム臭いです。

雨衣は以前も調達しましたが、今回は昭和31年制式です。

上衣。
s31雨衣02
前はドットボタン式ですが、ジッパーはありません。

背面。
s31雨衣03

通風用かな。
s31雨衣04

腰周りは寸法調整が出来るようです。
s31雨衣05

タグ。
s31雨衣06
記入が一切ありませんね・・・・・・

襟タグ。
s31雨衣07
B2号。

風防。
s31雨衣11

右側から。
s31雨衣12

頭にドットボタンがあります。
s31雨衣10
この頃からあったんですね。

下衣。
s31雨衣14

ベルト止め。
s31雨衣16

正面はジッパー式。
s31雨衣08

タグ。
s31雨衣09
こちらも記入なし。

腰の脇に穴があります。
s31雨衣15

通風孔かと思いましたが、
おそらく盛夏服着用時の帯革を通すためかなと。
s31雨衣13
しかしかなりぎりぎりのような。

着てみましょうか。

31年制式の盛夏服は持ってませんが、よく似たものなら持ってるんですよね。
s31雨衣17

ご丁寧に階級章通しのようなものまであります。
s31雨衣18

階級章が付けられるぞ。
s31雨衣19

早速出番だ制帽君。
s31雨衣20
あれ、割と色味が近い・・・・・・?

着てみる。
s31雨衣21

本題。
s31雨衣23

腰周り。
s31雨衣22
うーん、なんか違うんじゃないかな・・・・・・
やはり通風孔だろうか。

雨衣全体。
s31雨衣24
こんな感じなんですね。

風防と。
s31雨衣25
暑い。

というかゴム臭え

それにしても一体階級章はどうなってたんだろう・・・・・・
web拍手 by FC2
  1. 2016/09/29(木) 23:37:12|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。