野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・下士兵卒用改四五式冬軍衣

遅くなりましたが骨董市での調達品、改四五式冬軍衣です。
改四五式軍衣01
兵科章は付いていませんでした。


生地は以前記事にした改四五式外套と比べてみると、黄色が強い羅紗です。
改四五式軍衣02
生地質は改四五式外套とさほど違いのない、良質な羅紗です。


襟元のホックも錆ひとつなくしっかり残ってます。
改四五式軍衣03

背面は一枚で製作されてます。
改四五式軍衣04

昭五式以降は二枚から製作されるため、背面の中心に一本の縫い目が走ります。
改四五式軍衣05


ただ、明治十九年式では三枚から製作されてます。
改四五式軍衣06
いつから背面が一枚になったんでしょうか・・・・・・

剣吊りが残っております。
改四五式軍衣07
改四五式では剣吊りの内側に革を貼っていないんですね。
明治十九年式では貼ってありましたが、いつまでの仕様なんでしょう。


検定印。
改四五式軍衣08
大正七年製、四號、本廠検定、記名なし。

どうも元は四五式だったようです。
そのためこの四號が四五式なのか改四五式のものなのかいまひとつよく分かりません。
多分改四五式のものだとは思いますが。
因みにこの軍衣の四號は、三式軍衣における中號ぐらいです。
私には少々丈が足りません。

記名はありませんが、軍役に供された形跡は随所に見られます。



内張りの包帯嚢は横向きに付いてます。
改四五式軍衣09
なにやら糸で所属名らしいものがかがってありますね。

内ポケット。
改四五式軍衣19


袖の赤線は外されてます。
改四五式軍衣10
大正十一年の改定に対応したためですかね。


肩の階級章留は外されて、糸がかがってあります。
改四五式軍衣18
改四五式外套のときはただ単に何らかの理由で戦後に糸をかがったのかとも思いましたが、
こうも連続して肩に糸をかがった軍衣を見ると単なる偶然とは思えません。

わざわざ取り外して糸かがりを取り付ける理由が分かりません。
もしや、体型にあわせて階級章の位置を変更する改造を兵士個人がやってたんでしょうか?
しかし官給品を勝手に改造するなんて恐ろしいマネが出来ますかね?

取り敢えずもともとあった位置は形跡があるので補修はまだ簡単そうですが・・・・・・
改四五式軍衣12


因みに階級章を実際につけてみるとこうなります。
改四五式軍衣13
ウーン・・・・・・



生地比較です。
改四五式軍衣14
画像上部から改四五式外套、改四五式軍衣、四五式軍帽(複製)。



それはそうと、内ポケットから面白いものが出てきました。
改四五式軍衣15
鉛筆です。

現代のものと比べると随分太いです。
改四五式軍衣16


左胸ポケットからは予備のボタンが出てきました。
改四五式軍衣17
何か補修するときも一つあれば心強いですね。


外套も四五式軍帽もありますし、着用できるできないを別に、
長袴も揃えて軍衣袴の状態にしたいですね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/05/15(水) 01:11:40|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実物・陸軍将校マント | ホーム | 支那事変従軍記章と勲八等白色桐葉章>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/99-d0a7556d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。