野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本軍・下士兵卒用外套用防寒襟・・・・・・のような何か

以前改四五式外套のくだりで少し触れた、防寒襟のような何かについて。
三式外套を購入したときにおまけで付いてきたもので、
その紹介時に同時に書けばよかったんですが、存在をすっかり失念してまして。

兎にも角にも本題です。
防寒襟01
生地は毛で出来ており、絨毯のような感じです。
防寒襟・・・・・・だと思うのですが、よく分かりません。
下士卒用かどうかすら分かりません。
そもそも軍用なのかどうかすら怪しいです。

当初は三式にどうやって取り付けるのか、
試行錯誤を繰り返していました。
途中で「どうあがいても無理」という事実に気付き、
三式への取り付けは諦めました。



裏面。
防寒襟11


しっかりした縫い目が走ってます。
防寒襟08



一時は撮影用の複製品とも思いましたが、よくよく見ると検定印のような跡が残ってるんです。
防寒襟04

ものすごく見づらいですがこれ、「昭五式」やら「九八式」やらの印に似てません?
防寒襟07

防寒襟06


裏には写真のようなフックが大小4つ取り付けてあります。
防寒襟03
実物だと仮定すると、このフックは多分戦後取り付けですね。
これを使って襟に固定するものだと早とちりして、
三式相手に格闘する羽目になったわけなんですが・・・・・・


襟ホック部分。
防寒襟05
DEPONIRTという文字が入ってます。
調べてみたところどうも大石金属工業という会社が同じ刻印の入ったホックを売り出してます。
が、この会社は創業が1952年なのでこれは戦後に再利用のために取り付けた、という線が濃厚です。


さて、これは戦後利用のためかどうも合致しない部分があります。

まず、襟に取り付けるための紐がありません。
防寒襟01

どうも紐があった部分を丸ごと切り取ったような感じです。
改四五式外套18

そして、このスナップボタンが何なのか分かりません。
防寒襟09
実物についていた可能性は低いですが、
戦後取り付けにしてもこんなに小さいスナップボタンでははたして何が出来るのか不可解です。


しかし、この防寒襟どう補修しましょう。
紐をつけるにしても余地がもう残ってません。
しかも実物と決まったわけでもありません。
襟のホックは取り外すにしても、処遇に困りますね・・・・・・

毛もはがれかかってる部分がありますし。
防寒襟10
幸いこれは接着剤でも使えばいいんでしょうが・・・・・・
うーん・・・・・・
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/04/09(火) 18:25:20|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新記録樹立? | ホーム | 中国人民解放軍・水筒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/92-58096938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。