野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NVA・兵下士官革ベルト

久方ぶりに東ドイツものを。

今回は東ドイツ軍の兵・下士官用のバックルベルトについて。
NVA兵下士官用ベルト01
東ドイツ軍で兵士や下士官が常勤服やパレード服を着用したときに巻くのがこの革ベルトです。
陸軍や空軍のみならず、海軍でもパレード時にはこのベルトを巻きます。

常勤服(又はパレード服)で、且つネクタイ着用時に限定してこれを装着しました。
オーバーコートの場合はどうだったか分かりません。
Uniformen der DDR買ったほうがいいな・・・・・・


二本あるので同時進行で。


寸法は110と90。
NVA兵下士官用ベルト02
上が110、下が90。


単位はセンチメートル。
NVA兵下士官用ベルト05
110の方は寸法のスタンプが消えており、S&Gの店頭で購入したとき店員と相談・採寸の上、
寸法は100ではないかという結論に達したのですが、後に寸法90を購入して、
これは110だということに気付きました。
110は一番小さくなるように調整したらオーバーコートの上から巻けば丁度よいのですが、
常勤服の上からならば大きすぎます。
かといって90だと常勤服の上からなら巻けますが、オーバーコートの場合寸が足りません。
100があればどちらでも使えるんですが・・・・・・



製造年次は110がF(79年)。
NVA兵下士官用ベルト03


90はC(83年)かG(81年)のどちらかだと思うのですが、多分Cですね。
NVA兵下士官用ベルト04
写真にしたらものすごく薄くてまるで分かりませんね・・・・・・


バックルの末端。
NVA兵下士官用ベルト06
79年製(上)はリベット留めが施されてますが、83年製(下)はただ圧着してあるだけです
製造工場ごとの違いなのか、はたまた製造年次による違いなのか・・・・・・


また、バックル用の革部分も79年製は黒いですが、83年製は茶革です。
NVA兵下士官用ベルト07


他にもベルトバックルの雌雄が逆になっている前期型もあります。
革部分は見たことがありませんが、前期型から後期型に改造されたバックルは見たことがあります。
個人的には欲しいところですが、数は少ない上に希少でかつ装着したら外見上の違いはまるでなしです。


90の方は前オーナーのイニシャルなのか、MLとあります。
NVA兵下士官用ベルト08


110の方も名前があり、その脇になにやら箇条書きらしいものがありますが、総じて薄く、判読不能です。
NVA兵下士官用ベルト09




なお余談ですが、このベルト、旧ドイツのものとは互換性がありません。
一度S&Gのナチスドイツ・ベルト用皮革をバックルに合わせてみた事があるんですが、
穴の幅が合わないために装着できませんでした。

東ドイツ物が枯渇し始めている昨今、その内旧ドイツの複製品を東ドイツ装備に合わせることがあるかとも
危惧したことがありましたが、その日は幸いまだまだ遠そうです。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/04/07(日) 00:50:02|
  2. 東ドイツ軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<複製・陸軍下士卒用冬襦袢 | ホーム | チェコスロバキア製・レインドロップ迷彩背嚢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/89-14ef8d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。