野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェコスロバキア製・レインドロップ迷彩背嚢

一般にレインドロップ迷彩といえば東ドイツ軍ですが、
チェコスロバキアなど一部東欧圏でも使用されており、
たまに東ドイツ以外のレインドロップ装備が市場に流通することがあります。

今回はやや珍しいチェコスロバキア軍のレインドロップ背嚢です。
チェコスロバキア背嚢01
東ドイツ製と同じシルエットをしています。



さっそく生地比較をしてみましょう。
チェコスロバキア背嚢02
左が東ドイツ製、右がチェコスロバキア製。
チェコスロバキア製のほうが若干緑色が強いです。



内部。
チェコスロバキア背嚢04
造りは東ドイツのそれとまったく変わりありません。


検定印。
チェコスロバキア背嚢05

薄くて見づらいですが、裏面を見れば何とスタンプがあったかぼんやりと分かります。
チェコスロバキア背嚢06
ただ、野方はチェコスロバキア語がさっぱりなもので・・・・・・
なんて書いてあるんでしょうね?

サスペンダーも東ドイツ軍のものと違いがありません。
チェコスロバキア背嚢03
左がチェコスロバキア製。


側面のループ。
チェコスロバキア背嚢07
東ドイツ製と同じ造りで、取り外し可能です。
ここにテントやら毛布やらを通すわけです。



チェコスロバキア製のレインドロップ野戦服やテントなんかも
調達してみたいところですが、少々厳しいでしょうね。
なんせ数はあるはずですが、売る側が東ドイツのものと混ぜてしまったら
よくよく見るまでは判別付きません。
実際、この背嚢も店頭で東ドイツ軍のものとして売られてました。
野方がこれを購入したのも、たまたまビニールでなくてナイロンで出来てるループが欲しいと思っていたときに
この背嚢を見つけたからに過ぎません(前から持っていた東ドイツ軍のものはビニール製のループでした)。


数はある筈なのに大国の陰に隠れて認識されないってなんか、もう、ね・・・・・・

今や東ドイツやソ連邦に支えられたり脅かされたりすることもないというのに、
ごらんの有様だよ!
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/04/06(土) 00:58:06|
  2. 共産圏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NVA・兵下士官革ベルト | ホーム | 激辛ペヤングを食おう(提案)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/88-6947d3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。