野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

実物・陸軍水筒

骨董市での調達品その二、昭五式水筒です。
昭五式水筒01
十五年戦争や大東亜戦争の頃のものです。
一般的には二次大戦期の水筒と書いた方が分かりやすいですね。


表面や紐に汚れが結構あります。
昭五式水筒02

というわけで洗ってきました。
昭五式水筒03
あまり変わりはありませんが、多少はきれいになったかと。


栓を紐で固定するタイプのものです。
昭五式水筒04
革紐で固定する型もありますね。


栓はコルクと木で出来ています。
昭五式水筒05
コルクになにやら文字が書いてあるように見えますが、よく読めません。
兵という文字のようにも見えますが・・・・・・。



底部。
昭五式水筒07
昭和13年製、大支検定。
製造は大阪アルミニューム製作所(現・日本軽金属株式会社)のようです。
しかしその下の九八の刻印は何を意味するのでしょうか。


水筒内部はよく見えませんが、どうにも錆びがそこそこ浮いているようです。
昭五式水筒06
中に水を入れてみてもそんなに水質に変化はなさそうでしたが、
まあ、使わん方がいいでしょう。



吊り紐になにやら検定印らしい何かが押されてあった跡があります。
昭五式水筒08
しかし薄くなっており、左端に18らしい文字と右端に3が残っている以外は
何が書いてあるのか全く分かりません。
なんて書いてあったんでしょうね?

吊り紐には他にも「ツ」の文字を丸で囲ったような印が押されてあったり、謎だらけです。
昭五式水筒09


調整具は布製です。
昭五式水筒10
金属製の個体もありますね。


取り敢えず、水筒はその内アルミ用の復活洗浄剤でも使って、錆を取りましょうかね。
実用しようと言うわけではないですが。


まあ、最近ではそこそこいい複製品もありますし、実用するにあたってはそっちを使いましょうかね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/03/29(金) 01:30:59|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実物・陸軍第一種作業袴 | ホーム | 実物・海軍兵用三種略帽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/83-0ee9d4b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)