野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

実物・日本軍三式冬羅紗軍衣袴

皆さんどうも、今回の記事を打ち終わった際ミスで全文吹き飛び、泣きながらこの文章を打ってる野方です。


今回は日本軍の三式冬羅紗軍衣袴を紹介したいと思います。


jarttjy001.jpg
虫食いなどもない、たいへんきれいな状態です。

生地の様子です
jarttjy006.jpg

目の荒いざらざらとした手触りの羅紗です。
ボタンホールは割としっかり作られており、開閉に苦労することはありません。
因みにボタンは木製です。

襟元です。
jarttjy002.jpg
軍曹の織り出しの階級章が取り付けられてあります。
襟ホックもしっかり機能します。

剣吊りです。
jarttjy007.jpg
戦後、軍衣は剣吊りを取り外して普段着として使われることがありました。
特に三式は流通数が多く取り外されたものも多いですが、幸いこれはしっかり残ってます。

襟布です。
jarttjy003.jpg
汚いですね。一度洗った方がいいかもしれません。
襟布は原則カーキ色ですが、古参は白いものを使うと聞いたことがあります。
だとすると、前所有者は古参の軍曹さんだったのでしょうか。

検定印です。
jarttjy004.jpg
大号、昭和十九年製、大支検定。
不思議なことに記名がありません。
そのため前述の階級章が実物なのか、戦後の後付なのか分かりません。

内張りです。
jarttjy005.jpgかなりきれいな状態です。
生地は手触りのいい綿生地です。


続いて短袴。
jarttwp001.jpg
腰紐や裾の紐がしっかり残ってます。

前ボタンも欠損ありません。
jarttwp002.jpg

検定印です。
こちらも記名がありませんが、この上下は別々に入手したのでこちらは未使用品の可能性があります。jarttwp003.jpg
大号、昭和十九年製、大支検定。
製造者はあの福助足袋です。

末端部分は切り出しです。
jarttwp004.jpg

さて、現在旧軍の軍衣袴の複製品は多いです。
しかし、この三式の質の悪い羅紗を製造するのは現在では逆に難しいと思います。
そのため私は三式に関しては、実物を入手しようと思っておりました。
いや、まあ、旧軍の実物軍衣袴はどれも欲しいですけどね・・・・・・。

以上、三式冬軍衣袴でした!
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2012/08/05(日) 00:34:31|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NVA 東ドイツ軍兵用パレード制服 | ホーム | 複製・陸軍明治十九年式兵下士官用第二種軍帽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/7-8b8b460b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)