野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NVA・地上軍兵下士官用防寒帽

やっとこさ東ドイツ軍の兵下士官用の防寒帽が手に入りました。
NVA兵下士官防寒帽001
いわゆるウシャンカ型の防寒帽ですね。
いやあ、探しましたよこれは。
国内在庫が中々無いんですもん。
将校用のものならすでに持っていたんですが、下士卒用は長らく探し求めましたよ、ええ。

あ、将校用についてはまた今度紹介します。


耳あてを展開するとこうなります。
NVA兵下士官防寒帽002
生地は大変ゴワゴワしてます。
それこそ、ちくちくと痛いくらいにゴワゴワしています。

ロシア製とは違い、耳あてを紐ではなくゴムで留める形式です。
NVA兵下士官防寒帽006
ゴムが劣化したら最期ですね・・・・・・





内部のスタンプ。
NVA兵下士官防寒帽003
見づらいですが、寸法は59cm、製造年次はY(88年)です。
59cmは私には若干大きいです。

内張りに露出しているスナップボタンがかなり錆びていたので
金属ブラシで少々研磨してみました。
NVA兵下士官防寒帽009
前オーナーの汗でも吸って錆びたんですかね?

ところでこのスナップボタン、何のために付けてるんでしょうね?
NVA兵下士官防寒帽008
前の部分が外せるようになりますが、邪魔です。
庇にできないこともないですが・・・・・・やはり邪魔です。
というか謎機能です。



東ドイツのものはロシアのものより小ぶりに作られてます。
NVA兵下士官防寒帽007
使ってる生地も薄いですからね。
本国ほどの防寒装備はドイツでは必要なかったんでしょう。

余談ですが、ソ連軍でお馴染みのウシャンカの上から鉄帽を被るスタイル、
東ドイツのものでは不可能でした。
NVA兵下士官防寒帽010
鉄帽がそれほど深くないのとライナーの問題ですね。

ドイツ人の気質には合いそうに無い被り方でもありますけどね。
NVA兵下士官防寒帽005
ただ、個人的にはあのむりくりさ加減がものすごく好きです。


この防寒帽には常勤服+コートよりも冬用レインドロップを合わせたいです。

ただ、まだ私は夏用レインドロップしか持ち合わせていないものでして・・・・・・
しかも東ドイツの冬用野戦服も自分に合う寸法のものが中々無くてですね・・・・・・
まあ、気長に探しましょうか。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/02/06(水) 15:03:34|
  2. 東ドイツ軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<たたむ、しばる、もふもふする | ホーム | 祝・みなみけ~ただいま~放送開始>>

コメント

こんばんは!

この全面フラップは謎仕様ですよねwww
自分も、使用方法がわかりません。。。

将校用で試すと大きな帽章がガンガンあたって痛かったです(笑)
  1. 2013/02/08(金) 00:15:49 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

>Friedrichさん
こんばんは。

本当にあの前面フラップは何なんでしょうね?
庇にしてみてもふとした拍子に目隠しになってしまいますし・・・・・・
縫いとめるよりもスナップボタンのほうがコストが掛かるので、
何かしら理由はあると思うんですが・・・・・・

将校用のは痛いというより冷たかったですw
  1. 2013/02/08(金) 17:54:26 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/69-1ca77e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。