野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・陸軍毛布

前回、背嚢のくだりで少し触れた毛布について。
陸軍毛布02


検定印。
陸軍毛布01
昭和十九年製、満五八一検定。
満五八一検定というのはやはり満州の被服廠を指すのでしょうか。

毛の抜けや、虫食いが少々あり、残念です。
陸軍毛布03
取り敢えずベランダに数時間干しておきました。
機会があれば天日干しもしたいですね。

天と地の部分にのみ末端処理が施してあり、左右のフチは切りっぱなしです。
陸軍毛布04


因みに、現代の一般的な毛布くらいの大きさはあります。



さて、この毛布のたたみ方ですが、
まず天と地を35cmほど折り返します。
陸軍毛布05

続いて、左右を中央まで折ります。
陸軍毛布06

ここで巻いてもいいですが、取り敢えず半分に折ります。
陸軍毛布07

巻きます。
陸軍毛布08

そして背嚢に装着して一丁あがり、って寸法です。
陸軍毛布09

尤も、このたたみ方は野方式ですので、実際とは違う可能性があります。
というか多分違います。

そのため、あまりアテにはしないでください。
実際のたたみ方が分かればいいんですけどねw

13年2月7日追記:別のたたみ方を模索してみました。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/01/25(金) 13:39:23|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ГП-5ガスマスク | ホーム | 実物・蛸足背嚢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/63-23c22cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。