野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・蛸足背嚢

蛸足背嚢と呼ばれる背嚢が日本軍にはあります。
蛸足背嚢という呼称は通称で、正式には九九式背嚢だとかなんとか言う名前だったように記憶しています。

今回はそんな蛸足背嚢について少々。
蛸足背嚢01
本体の生地はキャンバス地で頑丈な造りです。


蛸足背嚢と呼ばれるようになったのはその見た目からです。
蛸足背嚢02
毛布や外套、テントなどを装備するために背嚢についていた紐が
まるで蛸足のようであったことから、だそうです。


この蛸足背嚢は戦後の物資不足の折に、子供のランドセルや学生カバン代わり、
あるいは日常生活用の背嚢に供されました。
結果、蛸足背嚢が蛸足背嚢たる所以の紐が切られているものが多々あります。
実際、この背嚢も元はそういう「足切り」に遭ったうちの一つだったようです。

ただ、前オーナーが補修したそうで、「蛸足背嚢」の形をしっかりと成しております。

しかしながら、実際に毛布を装備してみると紐の長さが足りないような気がして仕方がありません。
蛸足背嚢03
私の結び様が悪いのかそれとも本当に長さが足りないのか・・・・・・
蛸足背嚢の紐の長さをご存知の方は是非とも野方さんに教えてやってください・・・・・・

あ、毛布についてはまた今度触れます。


因みに外套を装備するとこうなりました。
蛸足背嚢04

やっぱり短い・・・・・・よな・・・・・・?
蛸足背嚢05




検定印。
蛸足背嚢06
昭和十六年製、本廠検定。

内部には紐で閉じることの出来る仕切りがあります。
蛸足背嚢07
この仕切りの中には何を入れるんでしょうね?

耳の部分は本来ならば紐で閉じることが出来るようになっていますが、欠損しています。
蛸足背嚢08

調整用の環。
蛸足背嚢09
きれいな状態です。
ここの紐を引っ張るだけで簡単に負い紐の寸法調整が出来ます。



さてさて、実は野方さんは蛸足背嚢をもう一つ持っています。

それがこちら。
蛸足背嚢10
紐ほぼ全欠損、金具に錆ありなど状態がかなり悪く、格安で購入できました。

蛸足背嚢12

当初は紐を付け直して再利用しようと意気込んでいましたが、紐の長さが分からない上に、
いい紐が見つからずほぼ断念状態です・・・・・・。
結果、前述の背嚢を購入することに。

うーむ、「綿製の真田紐」に拘りすぎないほうがいいんですかね?
ポリエステル製の紐なら20mm幅でいい色のものが安くであるんですが・・・・・・。

検定印によると昭和十五年製、大支検定。
蛸足背嚢11

こちらは耳の部分の紐が残ってます。
蛸足背嚢13

ところで、背嚢の中には何が入っていたのか気になったことってありません?


一応調べてみました。

どうも、
・携帯口糧甲(米840g(精米640g、精麦200g)、牛肉缶詰、乾燥野菜、漬物、粉味噌等)
・携帯口糧乙(乾パン675g、金平糖10~20粒、缶詰肉150g、食塩12g)
・缶詰(携帯口糧とは別の分)
・食塩
・襦袢
・袴下
などのようです。

なお、中西立太著「日本の軍装」によると
「雑嚢は物入れ袋で襦袢、袴下、洗面用具、靴下、被服手入れ具の他なんでも入れた」
との記述がありますが、襦袢や袴下に関してはおそらく誤りでしょう。
雑嚢に入りませんもの。襦袢。

個人的な考察ですが、雑嚢のほうには歯ブラシや歯磨き粉、剃刀などの洗面用具、軍隊手帳、筆記具、
被服手入れ具、医薬品、その他使用頻度の高い私物などを入れたのではないかと思います。
靴下は多分雑嚢でしょう。
実際長距離歩行をしてみると分かりますが、存外足は汗をかくので、
行軍の際は靴下はマメに交換したほうがいいです。
そうやって考えると靴下は取り出しやすい雑嚢のほうに入れたに違いありません。

尤も、一々巻脚絆解いて靴下交換して、もう一度巻脚絆巻いて・・・・・・なんて手間を短時間で?
と言われれば回答に窮しますが。


さらに余談ですが、この背嚢に普段入れているものです。
蛸足背嚢14
缶詰入りパン、救難食料イーアール、水、と半ば非常用持ち出し袋と化しつつありますw
しかし、この救難食料イーアールと缶詰パンは旨いんだろうか?




さて、ここまで長々と書いておいて何ですが、



複製品欲しいです



さすがに実物を「気兼ねなく使う」なんて幾らなんでも無理です。
状態がよいものであればなおさらです。

さらに、補修するにしても紐の長さが分からなければ意味がないですしね。

中田商店さん、蛸足背嚢もう一度復刻してくれないかな・・・・・・


~追記:外套のたたみ方について~


このたたみ方は以前どこかで見聞きした情報なのですが、
一体どこで見聞きしたのかが思い出せません・・・・・・


兎にも角にも本題です。

まずは外套をこのようにして置きます。
外套畳み1


袖をたたみます。
外套畳み2


左右をたたみます。
外套畳み3
このとき、極力形を「四角形」に近づけてください。


裾を少し折り返し、襟の方から丸めていきます。
外套畳み4


末端まで来たら、先ほど折り返した裾の中に入れ込むように丸めてください。
外套畳み5


両端を中に入れ込んでください。
外套畳み7


そして円柱形にします。
外套畳み8


あとは背嚢に装着して一丁上がりです。
外套畳み6



さて、ここまで外套のたたみ方を詳細に思い出してみて、
ふと思ったことがあります。

毛布も似たような折り方をするんじゃないか、と。

・・・・・・もう一度毛布の折り方をよくよく考えてみます・・・・・・。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/01/23(水) 01:01:58|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<実物・陸軍毛布 | ホーム | 日立製・業務用無線機EUM-01HD>>

コメント

こんばんは!
タコ足背嚢は、装備を作りやすいですよねww
米軍のハバーサックは使いにくいことこの上なしです。。。

ところで、背嚢への外套の縛着方法ですが、お上手ですね!
自分は、外套の詳しい畳み方を知らないので、もし宜しければ
教えていただけますと幸いです><!
  1. 2013/01/28(月) 23:30:26 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

>Friedrichさん

こんばんは。

ハバーサックに比べ、この形の背嚢は確かに使いやすいですねw
思えば、現代の各国装備を見てみても、袋型が背嚢として完成された形なのかもしれませんね。

外套のたたみ方につきましては、文章で説明するよりも見たほうが分かりやすいので、追記いたしました。

よろしければ、そちらをどうぞご参照ください。
  1. 2013/01/29(火) 02:46:31 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

野方様
こんにちは!

ですよね。。。米軍好きとしては、ハバーサックのデザインも大好きなのですが、利便性、実用性で
考えると明らかにアウトです・・・><

畳み方の方をアップしていただき、ありがとうございます!!
なるほど!このようにして畳むんですね!!
ただ、クルクル巻いていた自分が恥ずかしいです・・・

大変勉強になりました!!ありがとうございました!!^^
  1. 2013/01/29(火) 14:32:11 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

>Friedrichさん

こんばんは。
お役に立てたようで恐縮です。


その実、私も当初は
「外套を背嚢に丸めて装備してるのを写真で見たな・・・・・・」

「よし、付けてみよう」

「・・・・・・どうやって丸めるのこれ?」

「まあいいや、そのまま丸めりゃいいだろ」

と、ただ単に巻いてるだけでしたw
これは誰しもが通る道ですよねw
  1. 2013/01/30(水) 01:30:58 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/62-90b15dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。