野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

ソ連軍将校用制服ベルト

今日11月7日は大十月革命記念日ですね。
革命記念日に因んだものを紹介したい節はありますが、
如何せん野方さんはそこまでいろいろ持ち合わせていないので今回は将校用ベルトのご紹介。
95年前の今日に想いを馳せ、ИНТЕРНАЧИОНАЛを歌う乃至は聴きながらどうぞ。

いわゆるサム・ブラウン・ベルトや吊り帯革と呼ばれるタイプのベルトですね。
сб08
バックル部に星章が入っていない戦後型です。

腰のあたる部分には豚革が縫い付けられてあります。
сб06

豚革の縫い付けにも装飾を兼ねたステッチが入ってて実に見た目がきれいです。
сб07
共産圏各国のベルトを見てもここまで丁寧に作られてるベルトはありません。
流石はソヴィエト連邦。


刻印によると
ШТК им.К.МАРКСД
ОТК・3.Ⅶ 1975г.
とあります。
ソ連軍将校ベルト001
製造は1975年ですかね。

寸法は40-2でしょうか?
ソ連軍将校ベルト003

因みに巻く際には刻印が上下逆さまになるように巻くのが正しいです。
сб01
じゃあ最初から逆に刻印打てよ、とは言ってはならない。


負帯はベルトに通すだけなので簡単に取り外せます。
сб04

負帯を肩に掛ける際には肩章の下に通します。
сб02

ところで負帯のこのD環は何のためにあるんでしょうか。
сб03
マップケースでも吊るんですかね?
しかしソ連軍のマップケースには負帯があったはず・・・・・・
どなたかご教授ください・・・・・・

それでは今回はこの辺で。
До свидания!
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2012/11/07(水) 23:46:15|
  2. ソ連邦・ロシア軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<大阪サイレン製・消防用散光式警光灯 RFEXA2 | ホーム | NVA 東ドイツ軍兵・下士官用外套>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/04/03(木) 22:02:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/42-57e8a26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)