FC2ブログ

野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明治四十一年式夏衣袴

明治四十一年式の夏制服。
20181118234802a82.jpeg

この頃はまだ巡査級の夏服には肩章が付いておらず、袖章のみでした。
20181118234824bca.jpeg
生地は麻。

袖。
201811182348090d2.jpeg
袖章が2つ付いていた跡があるので、巡査部長ですね。
当時の袖章は旭日章ではなく星章なので、
なにかしら適当に調達しましょうか。

前釦。
20181118234803ff9.jpeg
全て健在。
この手の被服によくあるリング留でした。

内張り。
201811182348047bd.jpeg
特に記名布などは見当たりません。

襟。
20181118234807103.jpeg
なんか柔道の帯みたいな縫い方してますね・・・・・・

襟裏。
20181118234806b08.jpeg
記名が残ってました。

背面。
201811182348104ba.jpeg
不思議なことが1つ。

左腰です。
20181118234812821.jpeg
サーベルを吊る関係上、左腰に本来は切れ込みが入っている筈なんですが、
これにはありません。
はてさて。

袴。
2018111823481304e.jpeg

当時の警察被服はサーベルを吊るために剣帯を常に着用することから
ベルト通しのみで、サスペンダー用の釦は有りません。
20181118234815c7d.jpeg

前釦。
20181118234818908.jpeg
全て残ってます。

さて。全般通じて、大分汚れが目立ちますね。

という訳で漬け置きしてみましょうか。
20181118234827cc0.jpeg
今回使うのはオキシクリーン。

アメリカ製のなんか凄そうなやつ。
20181118234830237.jpeg
作業中の写真は撮り忘れたのでなし。
当時物の被服は基本的に現代の洗濯機にかけると悲惨なことになるので漬け置きの後は手洗いオンリー。

オキシクリーン、強力なんですけど水に溶かして手に着くとやたらとぬるぬるするんですよね。
ここだけはいただけない・・・・・・

ビフォー
20181118234819032.jpeg

アフター
201811182348259c4.jpeg
かなり白くなったんじゃないかと。

襟あたりの汚れも大分落とせました。
201811182348280a4.jpeg

なんかステマだか被服紹介だか分からん記事になったな今回。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2018/11/18(日) 23:55:02|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | パトライト製SAP-500BZ型サイレンアンプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/315-06e9401b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。