FC2ブログ

野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・将校用改造型四五式外套

官給品の被服を改造して将校用に対応させた事例が旧軍被服ではありました。
201808191758040a5.jpeg
今回はその一例として、随分状態は悪いですが四五式外套が手に入ったので、紹介の程を。
釦は6つのダブル釦。
もとは下士卒のものなので5つのダブル。

右袖。
20180819175729b8a.jpeg
袖の生地がかなり広範囲にわたり大穴が開いてます。

生地質。
201808191757126b0.jpeg
改四五式外套と。
かなり良質で黄色い。
こうして見ると帯赤茶褐色と帯青茶褐色の違いが顕著ですね。

ついでに三八式外套も。
201808191757114c5.jpeg

色の変遷というか何というか。
201808191757184cb.jpeg

背面。
20180819175710f1d.jpeg
将校用特有の腰ベルトに改造してあります。

腰ベルトは何故か縦に生地が消失してます。
20180819175730f58.jpeg
単なる虫食いじゃあなさそうな。

軍刀用の通し。
20180819175732e43.jpeg
将校用に対応するためのものですね。

甲標記。
20180819175809f1c.jpeg
四五式、大正十年製、三号、廣支廠検定。

ここでふと疑問が出たので、改四五式外套の甲標記と。
2018081917572105a.jpeg
改四五式の印が打ってありましたが、大正九年製。

更に以前紹介した四五式軍衣と。
改四五式軍衣08
これは大正七年製、改四五式改定印。
ここで共通していたのが本廠検定。
大支、廣支、本廠で使い分けがあったんでしょうか。
謎だ。

前開き。
20180819175806208.jpeg

ボタンホール比較。
20180819175810838.jpeg
どこから前身頃を縫い変えたのでしょうか。

左前身頃の裾。
20180819175715797.jpeg
四五式。

改四五式。
20180819175717db8.jpeg
ボタンホールの問題から、恐らくこの辺から裁断して生地を縫い変えたのではないかと。

左前身頃の裏。
20180819175723ea3.jpeg
元の5つ釦を縫ってあった跡が見当たりません。
単純に分かりにくいだけか、それとも身頃の縫い変えで物理的に無くなったのか・・・・・・

袖章。
20180819175807f95.jpeg
赤色が滲み出てます。

これは将校用の袖の段差に対応したパイピングの赤い生地の色が出てきたためでしょうね。
20180819175803576.jpeg

襟裏。
20180819175802441.jpeg
全部残ってますが、残念なことに風防の持ち合わせがない。

余談として、階級章留め。
20180819175817d22.jpeg
ちゃんと残ってる。
まあ、それはともかく、袖辺りの布が残ってませんが。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2018/08/19(日) 18:00:19|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スモーキーズガンファクトリー製M79グレネードランチャー | ホーム | 実物・三式外套>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/307-84c2d2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。