野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

昭和21年制式夏制服

昭和21年制式夏制服。
201708250007177c9.jpg
襟が広いので昭和27年改正型でしょうね。
生地もやや薄手。
夏服は都道府県によって微妙に差異がありますが、
原則4月1日〜6月30日、10月1日〜11月30日の期間となってます。
しかし南の方では少し異なっており、実際、沖縄では11月1日からと規定されています。

袖章。
20170825000718383.jpg
警部補ですね。
かなり綺麗な状態で残ってます。

階級章。
20170825000734f04.jpg

取り外し式。
2017082500072468c.jpg

いつぞやの消防団甲種は縫い付け式だったな、などと。
201708250007234bd.jpg

胸ポケットは左右対称な造り。
20170825000727849.jpg
20170825000725738.jpg

腰ポケットは飾りポケット。
201708250007300cd.jpg

背面。
20170825000732e33.jpg
個人的に気になるのが背面のタックが31改正で新たに作られ、43改正で廃止になったこと。
試行錯誤の一端を垣間見る感じがあります。

内張。
2017082500073672d.jpg
夏用なので背抜きです。

タグ。
20170825000740d4d.jpg
未記入。

襟にタグが残ってました。
2017082500073813b.jpg
A号。
ですがAの幾つなのかは分かりません。

テーラータグ。
201708250007201c1.jpg
大阪の池田商事というところだそうで。
調べてみたら現在は見当たりませんでした。
倒産したのか移転したのか・・・・・・

帯革留め。
20170825000742fd7.jpg
縫い止め式。
以前紹介した冬服と同様ですね。

しかしズボンが気になる。
冬ズボンと色味は似てますが、薄手の夏ズボン、上下揃いにしてみたいところ。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2017/08/25(金) 00:17:35|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<半複製・M1ヘルメット | ホーム | 盛夏服とマル機>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/09/28(木) 12:31:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

非公開でしたがこのままお返しします。

平成6年の改正時と異なり、かつての制服の改正では既に支給した被服、
あるいは余剰の未支給被服の袖章の縫い替えや階級章の更新などで対応することがまま有りました。
この場合ボタンの数の変更などは実施されていません。

記事にはしていませんが、実際私も43年改正対応型の31年式巡査改造上衣(襟章穴が2パターン有る)を所有しています。

以前記事にした分では袖章について深く言及してませんが、
こちらの警部〜警部補冬服
( http://nogatake.blog.fc2.com/blog-entry-235.html )
も同様に、43改正対応型の袖章、襟章となっております。

現在私は31改正対応型の27改正被服を所有しておりませんが、
こうした理由から支給時期と被服の形式の不一致は生起していると考えます。
そのため、27式被服が昭和31年以降に納入された可能性はないと思われますが、
昭和33年に31年改正対応型が支給された可能性は大いにあると考えます。

以上私なりの考察でした。
  1. 2017/09/30(土) 12:21:34 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/10/03(火) 15:16:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/251-38dcdf3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)