野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

合皮製外とうの手入れ

旧型の外とうを2着入手しました。
20161228170751357.jpeg
201612281707537de.jpeg
以前の分より大分劣化が激しい。
劣化した合皮特有のベタつきががが。

昭和43年制式から、外とうには合皮素材が用いられ始めました。
一方で合皮は経年劣化が激しいもので、
言い換えれば長期的に見れば使い捨て品ってわけです。
とはいえ、対処法が無いわけでもありません。
それがこちら。

重曹。
20161228170756b83.jpeg
これを溶かした湯に一晩漬け込みます。
まあ、一時的なものに過ぎませんが、一先ず手入れ。

浴槽に。
20161228170755a3b.jpeg

サッー!(迫真)
20161228170758abb.jpeg

大分剥がれた合皮が浮いてるな・・・・・・
2016122817080168b.jpeg

という訳で一夜漬けして乾燥させました。
旧現外とう01
結果、ベタつきがなくなりました。

とはいえ、やはり手には粉が付きます
旧現外とう06
しかしこの二着、詳しく見てみると随分面白い。
まず共通部分から。

胸ポケット。
旧現外とう02
ジッパー式。

左前身頃にプラスチック製の黒ボタンが。
旧現外とう03
以前の分には見られなかった機能ですね。

背面。
旧現外とう04

後裂きにドットボタン。
旧現外とう05
これも以前の分には有りませんでしたね。

内張り。
旧現外とう07
以前の分と異なり、キルティング加工。

右襟の裏。
旧現外とう08
ベルクロ留め。

ここから各詳細。
まず一着目。

襟。
旧現外とう09
階級章の跡。

付けてみる。
旧現外とう19


襟の裏。
旧現外とう21

旧現外とう22
反射材付き。

タグ。
旧現外とう11
切り取られているものの、襟タグは無事。
3号。
Mサイズ前後ってとこか。

サイドジッパー。
旧現外とう12

以前の分同様に旭日章入り。
旧現外とう20


袖。
旧現外とう23
ここは劣化があまりない。

2着目。
旧現外とう13
こちらも全ての釦は健在。
やはり劣化は一着目より酷い。

左前身頃。
旧現外とう14
穴があります。
もしかしてこれ、現行になってからも使われたんだろうか。
過渡期の一品かねえ・・・・・・

階級章を付けてみる。
旧現外とう16

袖。
旧現外とう17
ワッペンが付いていたんだかいなかったんだか。
多分付けてないだろうな。
まあいいか。

タグ。
旧現外とう24
こちらは襟タグも切り取られている。

襟裏。
旧現外とう26

旧現外とう27
こちらも反射材付き。

サイドジッパー。
旧現外とう28

旭日章がない。
旧現外とう29
しかしこいつはジッパー3つ。
これは初めて見る。

肩章。
旧現外とう25
警笛吊りの跡が。

二着とも階級章付で。
旧現外とう10

三着そろい踏み。
旧現外とう30
さて、この2着、どうしたものかな。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2016/12/28(水) 15:52:12|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昭和30年代の消防団制服 | ホーム | 五六式弾薬盒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/229-d68b39aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)