野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

五六式弾薬盒

「茶革の弾薬盒」と聞くと旧軍の弾薬盒が浮かびますが、
今回は茶革は茶革でも中国軍の弾薬盒を少々。
CDanSk01.jpg
旧軍の弾薬盒に見慣れていると小さく感じます。

が、それは弾薬の都合もあるでしょう。
CDanSk04.jpg
旧軍の場合6.5mm×50弾でしたが、中国軍の場合7.62mm×39弾です。

内部の様子から察するに、7.62ミリ弾は弾薬盒1つにつき40発収納できるようです。
CDanSk05.jpg
クリップ一つで10発分なので、クリップ4つ分ですね。
こういうのって弾薬みっしり詰めたくなる。

検定印。
CDanSk02.jpg
五六式7.62半自动步枪
后弾盒
海 11/3 五八年度型

もう1つ丸い印が押してありますが、よく読めません。
五六式半自动步枪とはSKSカービンの中国名ですね。

后弾盒の「后」は中国語で「後」という意味のようですが、
だとするとこれは後盒ということなんでしょうか。
「前弾盒」の印が押されたものもあるんですかね?
海と言う字が入ってますが、おそらく海軍モデルと言うわけではなく、
海南省など、海の字の入る土地での製造という意味ではないでしょうか。

中国軍の場合、○○年度型というのは○○年制定とかではなく
単に製造年次を書いてあるだけだったように思うので、これは58年製造という意味だったかと。


実はもう1つ所持してます。
CDanSk03.jpg

こちらはほぼ同じで、印が五九年度型。
CDanSk06.jpg
59年製造ですかね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2016/12/26(月) 14:07:14|
  2. 共産圏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<合皮製外とうの手入れ | ホーム | 国鉄助役制帽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/228-de7f5c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)