野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WW2・USMC制帽

2次大戦型のアメリカ海兵隊のサービス用制帽が手に入りました。
usmchat01.jpg
以前も米軍系のものを調達しましたが、
そのときの目的は帯革の調達でした。
今回もその例に漏れず、日本警察系です。

昭和21年制式の盛夏服では、黒羅紗地の制帽にカーキの帽覆いを使用するのが
正規となっていますが、実際のところ米軍供与の制帽を使用しているところもあったようです。

例えばこの写真。
sjfyi3uq00.jpg
これは光の加減の様にも取れますが、帯までカーキ色で、
米軍の制帽を流用したようにも見受けられます。

余談ですが、この時代について調べようと、物は試しに大阪府警察史を紐解いてみたところ、
「朝鮮総連大阪支部前を張り込む機動隊員」なる写真では既に機動隊腕章を巻いており、
一体大阪では機動隊腕章がいつから使われているのかさっぱりでした。
なお、その写真では制帽は帽覆いを使用しているように見受けられました。
一方で、カーキの制帽を使用しているような写真もあり、
自治体レベルでも統制されていなかったような背景が浮かび上がります。
戦後は本当、調べだすとキリがありませんね。

ひとまずは制帽自体を。
usmchat02.jpg

こちらは帽覆いも本体も大戦期のものです。
usmchat07.jpg

スタンプ。
usmchat03.jpg
正直米軍は門外漢なのでQMタグの読み方はよく分からんです。

記名かな。
usmchat04.jpg

同じくビン革の寸法表示。
usmchat05.jpg
7・1/8は57センチ程度だったかと。

顎紐。
usmchat06.jpg
革製で状態は良好です。

帽覆いを外す。
usmchat08.jpg

帽覆いのスタンプ。
usmchat09.jpg
E.J. HUHNSTOCK・・・・・・かな?


帽章と耳章。
usmchat10.jpg
全てスクリューバック式。

続いてカーキ制帽。
usmchat11.jpg
こちらは本体が現用のもの。

顎紐。
usmchat12.jpg
少し状態が悪い。

スタンプ。
usmchat13.jpg
これは71年製という意味だったかな・・・・・・?

解体。
usmchat14.jpg

寸法表示はやはり7・1/8。
usmchat15.jpg

これは名前かな。
usmchat19.jpg

耳章。
usmchat16.jpg

usmchat17.jpg

比較してみる。
右2つがこの制帽の分。
usmchat18.jpg
少しばかりこいつの方が耳章が大振り。

さて、こいつの出番だ。
usmchat20.jpg
少し前にスクリュー式帽章を調達しておいてよかった。

取付。
usmchat21.jpg
うん、らしい。

耳章。
usmchat23.jpg
寸法が違う・・・・・・
残念ながら取り付けられそうも無い。

そういえばカーキの日覆い自体は持ってるんですよね。
usmchat25.jpg
元々は中田商店製の海軍陸戦隊水兵帽用日覆いでしたが、
何かに使えると思い調達しました。
usmchat22.jpg

こうなると次は21盛夏が欲しくなる。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2016/09/26(月) 18:12:59|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<機関士用ゴーグル | ホーム | 大阪市警視庁冬制服>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/218-e33fa278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。