野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

倉敷消防団法被

今回は消防団の法被。
倉敷法被01
日本には消防団という組織が原則全国どこの市町村にもあります。
地域防災に関しては、非常に重要な役割を果たす部分も大きいです。
最近では先の震災での殉職者数・行方不明者数が多かったために非難時の活動限界を
纏めた震災対応マニュアルが作成されたりと、時事的にもホットな話題のものでもあります。

最近は人手不足により機能不全に陥る消防団も少なくないそうです。
また、財政難は慢性的な問題らしく、ナンバープレートの数字が一桁の消防車を
未だに使い続けている消防団もあるそうで、2034年(だっけ?)の周波数の変更に
伴う通信設備調達に対応できるだけの資金が問題視されています

因みに私の故郷は数年前、財政難で 常設消防 が消滅しました。


襟。
倉敷法被07
粒江分団。
粒江地方とはまんま岡山は倉敷の粒江地区です。
粒江地区自体はかなり小さい地域のようです。

背面。
倉敷法被02
倉敷。

下衣。
倉敷法被03
下衣まで着用するのは出初式などの儀礼時が多いように感じます。
普段の防火見廻りなんかだと私服の上に法被だけを着たりしますね。

前開き。
倉敷法被05
ボタン式ですね。

タグ。
倉敷法被06

j上下とも生地は綿生地。
倉敷法被04
いわゆる刺し子。
消防団では伝統的にこの法被を使用しているところが多いです。
最近は消防署員のような活動服を着用するところも増えましたがね。

実は最近黒羅紗略帽買ったんですよね。
倉敷法被09

で、消防の制帽もあるんですよね。
fth011.jpg

こんな感じ目指してみようかな。
BeQoDDtCMAAf9MC.jpg

にしても、耐火衣といい、防火帽といい、
なんだか意図せずして消防団関係のものが集まってきたなあ・・・・・・
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2016/09/23(金) 21:37:24|
  2. 消防
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<複製・昭和31年制式夏制帽 | ホーム | 昭和23年式制帽(職員乙)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/211-fcf96a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)