野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和43年式・冬制服

お久しぶりです。

大分前の話ですが、昭和43年式の冬服が手に入りました。
43年式冬01
この冬服、結構クセがあるので面白いです。
この冬服というかは前の持ち主が強いクセを持っていたのでしょうか。


なにしろ最初この冬服は昭和31年制式かと思いましたもの。
43年式冬02
原因は襟です。
襟が正規の位置よりも下から折れています。
随分強いアイロンの当て方をしたのでしょう。


袖章。
43年式冬03
階級は巡査。

左襟の下に帯革の負帯用ループがありました。
43年式冬04
こんな造りは初めて見ました。


寸法はA2号。
43年式冬05
それなりに大き目の寸法です。


襟の階級章取り付け穴が一つしか開いていません。
43年式冬06
襟章は二本足のはずですが・・・・・・
それとも私が知らないだけ一本足の襟章もあるんでしょうか。

しかし構造上一本足では旭日章に干渉してしまうはずです。
43年式冬07
一体元の持ち主殿はどんな階級章を支給されたんでしょう・・・・・・

ボタン。
43年式冬08
裏に何も刻印されていません。
しかし、31年制式の頃も刻印されておらず、また、43年式でも刻印が小さめのボタンもあります。
おそらく結構初期の分ではないかと。



左胸ポケット。
43年式冬09
手帳用のボタンはありますが、ループはありません。

少々取り付け辛い。
43年式冬10


右胸ポケット。
43年式冬11
左胸ポケット同様の造りで、警笛ポケットがありません。
やはり初期品ですかね。


内タグ。
43年式冬12
製造年次が分からん。


帯革止め部分。
43年式冬13
体型に合わせて帯革の位置が変えられるようです。
ドイツ軍のM36のような構造ですね・・・・・・


取り敢えず4つ釦状態と3つ釦状態を比較してみる。

4つ釦。
43年式冬14

3つ釦。
43年式冬15


まあ、どっちがどうとか言う前に階級章の謎を解かんとなあ・・・・・・
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2014/08/12(火) 13:00:12|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<メシメシフロフロ後は寝るだけ | ホーム | 第175号通達(平成26年3月)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/29(火) 15:02:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/176-89e05203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。