野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M56ヘルメット

最近体調が悪かったのですが、「まあ二日酔いだろう」と油断してたら実は胃炎でして。
いやはや、養生せんといけませんねえ・・・・・・
まあ私の近況なんぞは兎も角。


東ドイツのM56ヘルメットは前期型と後期型の二種類があります。
もともとは二次大戦中に設計され、結局没になったヘルメットだったそうですが、
戦後、東ドイツで奇跡の復活を遂げました。
m5601.jpg
今回の分は後期型です。

このM56は私が蒐集始めてから一番最初に買った鉄帽で、
購入当時はあまりの嬉しさに装備したまま勢いよくヘドバンかまして
首の骨からミリッと変な音がした思い出深い一品です。


内張り。
m5602.jpg
前期型との違いは色々ありますが、
内張りの構造が違うことがまず挙げられます。



スタンプ。
m5603.jpg
NVA Ⅱ L(87年)。
スタンプのLは73年製造と87年製造のものがありますが、
後期型の鉄帽なので、87年製でしょうね。


レインドロップ迷彩のヘルメットカバー。
m5607.jpg
頭巾のような形状をしています。
元々は野戦服にフードとして取り付けることが出来たそうですが・・・・・・

このカバーはスタンプの類がありません。
m5605.jpg


カバーを装着した状態。
m5604.jpg


防虫ネットを展開した状態。
m5606.jpg
ヘルメットカバーとして使用中はあまり効果が期待できそうにありません。

しかしこのカバー、頭巾としての使い方も出来ます。
m5608.jpg
そうするとこの虫除けネットが効果を発揮するのです。



カバーとして使用中は余った部分を帽垂のように下ろすこともできます。
m5609.jpg
この垂を展開させた状態で野戦服を着るとなんだかソ連軍のКЛМКみたいですね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2014/03/03(月) 02:06:01|
  2. 東ドイツ軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青年学校教練用背嚢 | ホーム | 明治三十一年式水筒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/171-c1426c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。