野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

複製・明治十九年式佐官用第二種帽

中田商店は時折、とっくの昔に在庫切れになった代物が
ぽつんと陳列されていることが稀にあると言われます。
実際、私の場合は四五式軍帽のときがそうでした。


この間、帝都へ行く用事があったのでついでに中田商店を覗いてきました。

「そういえばあのガラスケースの上に四五式軍帽があったんだよなあ・・・・・・」
などと考えながらふと見上げるとあら不思議。
佐官用軍帽01
明治期の軍帽があるではありませんか。

しかも佐官用。
即効で購入を決定しました。
お値段4500円。

帽章とアゴ紐が取り付けられていない状態だったので、
帽章だけ付けてもらい、アゴ紐と耳章は別個で頂きました。
佐官用軍帽03

実物だと明治期の将校の軍帽にはアゴ紐が取り付けられていないものも散見されるので、
これはこの上ない幸運です。
佐官用軍帽02


というかよくよく見てみるとちゃんと耳章、平たい将校用ですね。
佐官用軍帽04
流石。

あ、あと最近判明したんですが、中田のアゴ紐、
あの形式のアゴ紐も史実通りらしいです。

まあ、軍帽のアゴ紐にこだわりだしたら、
これはこれで存外深い沼だったりするので・・・・・・



内張り。
佐官用軍帽05
あまり下士卒の分と変わりがない。
寸法は分かりませんでしたが、おそらく下士卒と同様59くらいじゃないかと。


下士卒の第二種帽と。
佐官用軍帽06
うーむ、尉官の分が一個飛ばし。
まあ、よかろう。
待ってりゃそのうちきっと手に入るだろう。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/12/26(木) 11:17:05|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<複製・朝鮮人民軍 軍官用戦闘帽 | ホーム | 実物・九八式夏衣>>

コメント

毎度さんで~す!
また気になる記事を拝見したので乱入しました!

着装派マニアの聖地の「東京・御徒町製」明治十九年制佐官軍帽(複製品)ですか・・・

まぁ、個人的に「出来・不出来」の論否は別にしても・・・

軍帽の形式は恐らく明治中期頃の軍帽でしょね!
時代的には明治33年の「義和団事変」以降で「日露戦争」直前頃までと思いますよ!
「義和団事変」までは軍帽の「階級線」が幅約3mmの黒色線で巻かれています。(尉官~将官)

因みに当方も明治物が好きで収集していて「実物」の十九年製軍帽を何個か所持していますが、佐官級の軍帽は「近衛師団」「一般師団」「軍吏官:濃紺」が在りますが「一般師団」「軍吏官」は巻き線形式です。

後、決して難癖を付ける訳では在りませんが、野方さんがプログで掲載している「顎紐留釦」ですが、明治期には「平釦」は在りませんよ!
恐らくは後の「戦闘帽」の顎紐釦でしょうね。

また「顎紐革」ですが、以前軍事雑誌を読んだ事が在るのですが明治期の将校軍帽には必ずしも「顎紐革」を装着しなくても良いそうです。(理由は判りません)

当方が入手した実物軍帽でも最初から顎紐革を装着した跡が無い物も在りました。(但し、下士官・兵用の官給品は別)

最後になりますが「実物愛好者」からの「苦言」ですが
「東京・御徒町製」が必ずしも全て「忠実」とは限らないと思います。(東京・御徒町崇拝者からのバッシングを覚悟で云いますけど・・・)

では、また!


  1. 2013/12/29(日) 12:12:49 |
  2. URL |
  3. 参謀本部 #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

>>参謀本部さん

遅くなりました。

明治期の軍帽は時期によってジガミ部分の長短があるそうですね。

平耳章はこの頃はないのですか。
それは知りませんでした・・・・・・ありがとうございます。

あの顎紐の有無は不思議ですよね。
外側に顎紐がないにしても軍帽内側に顎紐を取り付けている例も見たことがあります。
基準はどこにあったのでしょうね・・・・・・

確かに中田製が全て忠実かと聞かれれば私も「否」と答えます。
しかし、あの価格で撮影用衣装を製作・販売していると考えればそれだけで賞賛に値することです。
それに実物との相違点を探し出すのも私は楽しみです。
思わぬところで実物通りに作ってあったりすると思わずにやりとさせられます。

実物と複製品、それぞれがそれぞれの楽しみ方があるものだと私個人は思っております。
  1. 2014/01/02(木) 19:05:28 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/154-a5998886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。