野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

実物・昭五式軍衣

昭五式の軍衣が手に入りました。
下士卒昭五式冬衣01
冬用の羅紗地です。

いやはや、またも骨董市に行ってまいりまして。

それにしても将校外套といい、将校万套然り、昭和43年式外とう然り、昭和32年式外套然り、
どうにも私は季節に反逆する癖があるようです(32年式の記事は秋口に書きましたが、入手自体は7月)。



虫食いがあちこちに見られますが、まだ状態は良好です。
下士卒昭五式冬衣02


右袖は糸がほつれてます。
下士卒昭五式冬衣03


前ボタンに糸が通してあります。
下士卒昭五式冬衣04
外れてしまった時になくさないための措置でしょうか。
単純ですが、割と有効ですね・・・・・・


ボタンは改四五式のそれと比べるとほんの少し大振りになってます。
下士卒昭五式冬衣23



肩章止めが健在です。
下士卒昭五式冬衣10




左胸ポケットになにやら違和感があったので中を覗いてみると、
上等兵の階級章が出てきました。
下士卒昭五式冬衣05


よくよくみると、様式が違います。
下士卒昭五式冬衣06


裏面も異なります。
下士卒昭五式冬衣07
はて・・・・・・


ためしに取り付けてみました。
下士卒昭五式冬衣08


襟章は歩兵科。
下士卒昭五式冬衣09
店主曰く「自分で縫い付けた」のだそうですが、失礼ながら少々縫い付け方が荒いです。
痛む可能性があるのではがしておきましょうか。


で、こちらがはがした兵科章。
下士卒昭五式冬衣11

きれいですが、もしやこれって実物なのかね?


裏が付いてませんが、糊付けされていたような跡がわずかに見えます。
下士卒昭五式冬衣12

中田製の襟章と見比べてみると、たしかにこれは実物やもしれません。
下士卒昭五式冬衣24
色も「赤色」というより、「緋色」のほうがしっくりきますし。


検定印。
下士卒昭五式冬衣19
二號、昭和五年製、廣支検定。
最初期品ですね。
軍衣袴は二號が最も生産数が多いそうです。
つまり、この寸法は当時の日本人の平均的な体格ということになります。
物は試しにと羽織ってみたところ、私には少々窮屈でした。
現代の感覚的にはM~L寸のちょうど中間程度、といったところでしょうか。


包帯嚢。
下士卒昭五式冬衣20
横向きです。



改四五式と比べてみると、生地質はだいぶ変わってます。
下士卒昭五式冬衣13
まあ、どっちも最初期品だしなあ・・・・・・


襟ホックは昭五式のほうがやや大振りです。
下士卒昭五式冬衣16



背面。
下士卒昭五式冬衣14
左が昭五式、右が改四五式。
生地以外で改四五式と昭五式を見分ける点がこの背面の裁断です。
裁断方式が異なるのがお分かりいただけるでしょうか。



剣吊りも残ってます。
下士卒昭五式冬衣15


襟布が付いてました。
下士卒昭五式冬衣17


襟布が当時のものなのかは分かりませんが、
縫い付け方が三式軍衣のときと同じ方法でした。
下士卒昭五式冬衣18




中田の四五式軍帽と。
下士卒昭五式冬衣21


この四五式軍帽は昭五式の生地だと思っていましたが、
この軍衣の生地より荒いので、どうやら九八式の羅紗地のようです。
下士卒昭五式冬衣22


にしても改四五式といい、昭五式といい、軍袴がないので
そろそろ軍袴も探してみようかな。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/08/27(火) 00:11:19|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実物・下士兵卒用四五式軍帽 | ホーム | 将校用九八式外套>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/137-3fdcdbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)