野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

制帽を買った話

最近、「制帽って押入れで勝手に増えてるんじゃないか」って気がしてきて仕方がありません。


実際、こんな風になってるわけで。
cap01.jpg
まあ、それはそれ。
最近買った制帽について少々。



まずは黒い羅紗地の制帽。
cap02.jpg



内タグを見るに、元は消防用か何かだったと推測されます。
cap04.jpg
消防団などでは現在でも慣習的に黒い羅紗地の制帽や略帽を採用しています。
それはもともと、消火服に羅紗を使っていたことに由来してます。



今回のこれは帽章が欠損しているので、どこで使われていたものかは分かりません。
cap03.jpg

ただ、大きさもちょうどいいので、昭和十年式の巡査用制帽にでもしようかと思ってます。
幸いにも、旧型の中入れや耳章なんかは手持ちがありますし。
cap18.jpg


海軍士官のものにもできるでしょうが、羅紗が黒いのがどうにも・・・・・・


この制帽、内側の前立て部分が、どうにも中で折れているらしく、
うまいこと立ててやらないと、天井がぺったりと倒れます。
cap05.jpg
しかしこれはこれで中々・・・・・・


写真とかで見ていると、四五式軍帽がこんな風にぺたんとしているような印象を受けます。
cap06.jpg

中田の四五式軍帽も似たような構造をしているので、前立てを外そうかと思ったのですが、
取り返しが付かなくなったらどうしようかとも同時に思ってます。
cap07.jpg
複製品ですが、今や易々と入手できる代物ではないですしね。
まあ、前立てが折れたりしたらやってみようかな。




そして同じく羅紗地の制帽。
cap08.jpg


寸法は58。
cap15.jpg



黒く見えますが、先ほどの黒羅紗制帽(左)と比べてみると
若干濃紺色であることが分かります。
cap09.jpg


内側を見てみると、糸が残っており、かつては何かしらの帽章が付いていたようです。
cap10.jpg
しかし、帽章なしどころか、ボール紙が付いてきた状態で手に入ったので、
未使用のまま帽章だけ外されたのか、本当は中古で帽章を外されたのか分かりません。
元々何の帽章が付いていたかも分かりませんしね。




色味も適当なので、海軍士官の帽章を取り付けるなりなんなりすれば、らしく見えるかと思いましたが、
今度は制帽自体がやや大振りです。
cap11.jpg
すこしバランスが悪いですねえ・・・・・・

日覆いを付けてみる。
cap12.jpg
やはり少しバランスが悪い・・・・・・


「四の五の言わずに中田製を買え」って話かもしれませんが、
中田製のって個人的に生地はいいと思うんですが、如何せん庇が革製でないのが引っかかるんですよね。
現物を拝んだわけではないですが、画像を見る限り庇は革製でないと思うんですよね。

なまじ変なところにこだわりを持ってるもんですから、
庇にツヤのあまりない、出来たら革製のがいいなあなんて思ったりするのです。

多分これは庇は合皮でしょうが、それでも革っぽく見えるので個人的には満足です。
cap21.jpg
制帽がやや小ぶりだったらな、とも思うんですけどね。




因みに、かつて私は制帽本体と帽章を別個に購入し、
それで海軍士官の制帽を複製したことがあります。
cap14.jpg
が、耳章が手に入らなかったことと、前述の理由から解体しました。


そして、その制帽本体は現在、旧冬制帽に変身しました。
cap13.jpg
実物の43年式に比べるとやや小ぶりですが、まああまり気にならないレベルではありますね。
色味も似てますし。




そしてこれ。
cap16.jpg
多分警備員用の制帽。


見た感じ、旧盛夏用制帽にそっくりです。
cap17.jpg
灰味青色ですし。


内部。
cap19.jpg
ここの構造までそっくりですね。
寸法は54。


ボール紙には4と押してあったので、四号という意味でしょうか。
cap20.jpg



他にもいろいろあるんですが、面倒なのでまた今度。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/07/22(月) 23:18:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<払下げ・紺羅紗地制帽 | ホーム | ソ連軍・ポンチョ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/130-748a73df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。