野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黄河製・カラシニコフ・クライシス

某問屋街を歩いていたときのことです。
ふと、あるものが目に留まりました。

それがこれです。
3211a3-01.jpg
「АК-47!АК-47だ!」と私は喜び勇んでその店に入っていきました。

箱には「A47」と書いてありましたが、
正直、AK47と書いておいても問題ないんじゃないかな。
3211a3-02.jpg


そして値段を聞いてびっくり。
なんと1800円。
そもそもが縁日の屋台の景品用程度の扱いなので、そんな値段なのでしょう。
東京マ○イのエアコキハンドガンよりも安いです。


早速買いました。

それでは色々見ていきましょうかね。


まず箱を開封した私を待ち受けていたのは、
上下逆にパッケージングされたカラシニコフでした。
3211a3-03.jpg
さすがチャイナクオリティ。
のっけから激しい洗礼をお見舞いしてくれるではないか。


説明書はこれだけ。
3211a3-04.jpg
最早説明書と呼ぶのも憚られるレベルですね。
投げっぱなしジャーマンですよこりゃ。


しかも「誤飲の危険」て。
3211a3-05.jpg
何をどうやったらこんなもん飲み込めるんですかね?



どうでもいいことなのですが、この箱には「18歳以上」と書いてあります。。
3211a3-06.jpg

しかし、そんなのお構いなしに「対象年齢14才以上」のシールが張ってあります。
3211a3-07.jpg
無慈悲。



ストックを取り付けました。
3211a3-08.jpg


このストックはプラスチック製ですが、
結構ウッドストックっぽい雰囲気は出ています。
3211a3-09.jpg


レシーバーもそうですが、全体的にウッド部分は結構らしく見えます。
3211a3-10.jpg
これは褒めるべき点ですね。


セレクターレバーは無可動です。
3211a3-11.jpg
セイフティなんてありません。
ソ連製トカレフじゃああるまいし・・・・・・

ただ、せめてОДИН(単発)やらなんやらの文字くらいは
彫っておいて欲しかったです。


コッキングハンドル。
3211a3-23.jpg
指を引っ掛けやすいように、ややデフォルメ化されてますね。
まあ、一発一発手動で装填するエアコッキングですからね。
仕方ないですね。


当然のことながらクリーニングロッドは外せません。
3211a3-12.jpg
むしろ1800円なのに外せたら価格破壊もいいところ。


ところでこのАК、レシーバー付近にメーカー名が入ってます。
3211a3-13.jpg
しかしこんな位置に黄河と入ってると、АК-47と呼べばいいのか、
56式自动步枪と呼べばいいのか、迷います。

そしてなぜかメーカー名刻印の付近にスリング用金具が付いてます。
実際にはバレルのあたりだったはず・・・・・・


タンジェントサイトは・・・・・・まあまあですね。
3211a3-14.jpg
そもそもエアガンでは使えないし。
100mも飛んだら間違いなく0.98J超えてますしね。


マガジンはリザーブタンク式。
3211a3-15.jpg
マ〇イのボーイズシリーズあたりのそれを想像して頂ければ。


ためしにソ連軍のマガジンポーチに入れてみました。
3211a3-16.jpg
すっぽり入りました。


東ドイツのものにも試してみました。
3211a3-17.jpg
入りました。



付属のスリングを付けてみましょうか。
3211a3-18.jpg
ナイロン製で見るからに安っぽい・・・・・・



装着。
3211a3-19.jpg
スリング自体は最大まで伸ばしてますが、長さが足りないような・・・・・・



で、このスリングを使って背中に担いでいたんです。

するとなにやら違和感が。
見ると、早速金具が外れて使用不能になってました。
3211a3-20.jpg
箱開封三十分後の悲劇である。
さすがチャイナクオリティ・・・・・・


で、弾速やら何やらですが、私は計測器具を持っておらず、弾速が計れません。
0.98J以上ではないとは思いますが。

室内で撃ってみた感想ですが、そこそこな威力って感じでしたね。
近いうちに計測器買ったほうがいいな・・・・・・


しかし、遊びの幅が広がりそうなエアガンですね。
尤も、私は50~60年代のソ連軍の装備は持ってないので、
あわせるとしたらАК-74ですけどね。


以上で、黄河製エアコッキングカラシニコフのレビュー(笑)を締めたいと思います。

また、この辺のネタが増えてきたら銃器関係のカテゴリを新設するかもしれません。


ああ、知人に薦められたのですが、同じ黄河製のモーゼルミリタリーも
その店にあったので今度機会があれば調達しようと考えてます。
面白そうな機構ですからね。




あとどうでもいいことなんですが、パッケージの写真、
3211a3-21.jpg
なんでカラシニコフなのにベトナム戦争時のアメリカ兵っぽいシルエットと

3211a3-22.jpg
湾岸戦争時のアメリカ兵っぽいシルエットなんでしょうね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/07/05(金) 18:41:41|
  2. ソ連邦・ロシア軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<補修・ソ連軍ピロトカ | ホーム | ソ連軍・兵下士官用ウシャンカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/120-4183cbb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。