野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実物・兵用三式外套・其の二

三式外套は以前も紹介しましたが、
また新たに一着手に入ったので記事にします。
三式外套201


以前の分に比べると、緑が強い生地です。
三式外套202
手前が今回の分、奥が前回の分です。


三式特有の荒い羅紗地です。
三式外套203


ボタンが全て正規のものではありません。
三式外套204
薄くプレスされた金属製のボタンです。
しかし、三式に限っては、非正規のボタンが製造段階で取り付けられていることが多いです。


実際、私が以前所有していた三式軍衣のボタンは形こそ正規のそれに近いものでしたが、木製でしたし、
今所有している三式軍衣のボタンも木製で、形すら省力化されたものです。
三式軍衣203



以前紹介した昭和十八年製の分は、正規のボタンが付いていたりと、
まだ恵まれた固体だったんですねえ・・・・・・
三式外套208


検定印。
三式外套205
大號、昭和十九年製、本廠検定。


襟ホック。
三式外套213
以前の分よりホック部分の露出が多く、留めやすそうです。


剣吊りが残っています。
三式外套206
しかしフチががたがたで、剣吊り自体も造りが甘いです。
勤労奉仕の女学生が縫ったのでしょう。

がたがたなのは何もフチに限った話ではなく、ポケット部分の縫い目も随分不揃いです。
三式外套209


個人的には三式でも昭和18年ごろまではまだ質が一定しているように思います。
が、昭和19年ごろになってくるとどれもこれも造りが甘いように感じます。
本土空襲が本格的になっていった時期ですしねえ・・・・・・。


背面のベンツのボタン。
三式外套210
驚いたことに一つしかありません。
省力化の末、ですね・・・・・・。



襟の風防用ボタン。
三式外套211
これも薄くプレスされた金属ボタンです。


腰のボタンも同様です。
三式外套212



個人的興味で昭和20年製造の三式を見てみたいもんです。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/06/14(金) 23:33:17|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<機甲科職務章 | ホーム | ソ連軍・М69兵下士官夏用常勤服>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/113-eebda1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。