野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

ソ連軍・М69兵下士官夏用常勤服

今回は1969年採用の下士兵卒用М69常勤服です。
М69下士卒夏用01
常勤服と銘打ちましたが、このМ69は実のところ野戦服でもあります。
ソ連軍においては、兵下士官の軍服の場合、常勤服が野戦服を兼ねていました。
(ただし将校の場合は常勤と野戦の二種類がある)
では野戦用の迷彩服はなかったのかと思いきや、迷彩服もちゃんとありました。

でも個人的に、迷彩服って空挺ぐらいしか使ってないようなイメージがあるんですよね。
本当はそんなことはないんですが。

まあ、冷戦期のソ連軍は戦争にはあまり表立って参加しておらず、
軍事顧問の派遣や武器支援だけをした(ことになっている)朝鮮戦争やベトナム戦争を除けば、
せいぜい中ソ国境紛争とアフガン戦争ぐらいです。
そのためあまりソ連軍に迷彩というイメージがないんでしょうね。


話が逸れましたが、本題。
前述の通り、М69は野戦と常勤を兼ねています。

野戦の際は、服地と同じ肩章と襟章(デフォルトで縫い付けられてある)にOD色の兵科章を取り付け、
常勤時は色の付いた階級章と襟章、というのが正規です。
М69下士卒夏用03
が、写真を見ていると常勤服に野戦装備引っさげている例をよく見かけます。
他にも野戦ベルトの代わりに常勤ベルトを使ったりしてますし。



細部を見ていきましょう。

まずは上着。
М69下士卒夏用02
夏用なので薄手の綿生地です。

新品未使用のデッドストックでした。

そのためボタンホールもぴっちり閉じており、硬いままです。
М69下士卒夏用04


ポケットは腰に2つ。
М69下士卒夏用05


それと内側に胸ポケット2つです。
М69下士卒夏用06



袖先。
М69下士卒夏用07
М69の将校用野戦服にもこの詰襟型のものがありますが、
兵下士官用の軍服と将校用野戦服を見分けるポイントがこの袖のボタンです。
ボタンのあるものが下士卒のものです。


スタンプ。
М69下士卒夏用08
寸法は52-5とやや大振りです。
製造年次は1976年。
結構初期のものですね。
製造所名はШВЕЙНАЯ ФАБРИКА。
訳すと「スヴィエナヤ被服工場」あたりでしょうか。
スヴィエナヤとは、調べてみたところモスクワの南東約800kmにある都市のようです。


ボタンは75年製でした。
М69下士卒夏用09
黒くて見づらいですが。


襟ホック部分。
М69下士卒夏用10
前から気になってたんですが、
共産圏の軍服は何故襟ホックの雌雄の位置が日本軍のそれとは逆なんでしょうか。


それとも日本のものだけが世界的に見て逆なんでしょうか。
三式軍衣202



留めてみた。
М69下士卒夏用11
新品未使用だけあって硬かったです。




この上着に付ける階級章はどうしようかな。

黒地に空挺襟章の、空挺戦車の乗員をやろうと思ってますし、
実際機甲科の襟章と階級章はあるので、そこらへんから攻めようかしら。
М69下士卒夏用21


合わせてみた。
М69下士卒夏用12



ひとまず空挺襟章を調達しないことには始まらないですね。
個人的には自動車狙撃(歩兵)もやりたいんですが、階級章がないのでどうにも・・・・・・
М69下士卒夏用13
襟章はあるんですけどね。

まあ、どっちみち空挺戦車なら黒地の階級章なので、
後で縫い付けておきますかね。




続いてズボン。
М69下士卒夏用14
乗馬ズボン型です。


ひざに補強のあて布が縫い付けられてます
М69下士卒夏用15


前ボタン。
М69下士卒夏用16
4つボタンで上には金属のホックが付いてます。


スタンプ。
М69下士卒夏用17
寸法は48-3。
製造年次は薄くなってますがたぶん1988年。
製造所名はありません。



両腰に調整用のボタンがあります。
М69下士卒夏用18



側面に少しタックがとってあります。
М69下士卒夏用19



ドイツ軍や日本軍のものと違い、ソ連軍の乗馬ズボンには足掛けが付いてます。
М69下士卒夏用20
こっちの方が手間がかからずに履けますね。




さて、自動車化狙撃か、空挺戦車か。
どっちにせよ襟章か階級章を調達しなくてはなりませんね。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/06/11(火) 18:43:48|
  2. ソ連邦・ロシア軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実物・兵用三式外套・其の二 | ホーム | 旧制服用ネクタイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/112-b4d5f010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)