野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

昭和43年式旧型雨衣

今回は旧制服時代の雨衣です。
雨衣05
雨衣とは要するに雨合羽のことです。

骨董市で調達してきました。
骨董市ってすごい。



ニンジン灯と。
雨衣04
雨の日の交通誘導には必須ですね。



まずは上衣から。
雨衣06
胴体部分と袖に反射帯が走ってます。
階級章って雨衣の場合どうしてたんでしょうか。


背面。
雨衣02
当然のことながら、反射材は背面にも走ってます。
現行だとこの反射材の上に「○○県警察」とか書いてあるところもありますね。


通気性の問題か、背面はドットボタンで留められるようになっています。
雨衣31
実際のところこれで涼しくなるのかは分かりません。

ベンツにもドットボタンが付いています。
雨衣03
自転車やカブなどで警らする際のためですかね。

寸法は特号。
雨衣07


タグがありません。
雨衣08
どうにも長い年月を経るうちに紛失したようです。
まあ、縫いつけるタグじゃないしなあ・・・・・・


右前身頃裏に記名がありました。
雨衣09
随分ダイナミックな記名ですね・・・・・・


前合わせはジッパーとドットボタンの二つで留めるようになっています。
雨衣10
雨滴が浸入しないための工夫ですね。


左前身頃の内側ポケットは警笛入れか何かですかね。
雨衣11


このループは腕章用でしょうか。
雨衣12


交通腕章の場合はこんな感じになります。
雨衣13



袖の内側はゴムで絞ってあります。
雨衣14
これも雨滴浸入防止のための工夫ですね。


袖先はボタン留めで、絞ることが出来ます。
雨衣15


フードが付属していました。
雨衣16
このフードは制帽を被ったまま着用できる、大振りな造りです。

しかし、雨衣に比べ色がかなり白く、あまり使用されなかったんじゃあないかと。
雨衣17
因みに雨衣とはドットボタンで接続できます。


頭頂部にもドットボタンが付いていました。
雨衣18
このドットボタンは留めることによって
帽章を見えやすくするねらいがあるんじゃないかな、と思います。


続いて下。
雨衣19
サスペンダー形式です。


タグ。
雨衣20
記入はありません。
旧型ですが、平成に入ってからのものです。
旧制服は平成6年の3月31日まで使われたので、
平成に入ってからは旧制服はわずか5年程度しか生産されていないことになります。


タグへの記入はありませんでしたが、記名はありました。
雨衣30
上衣と同じ人です。
下衣を見てると多分、上衣もタグを使わなかったんじゃないかなと思います。
記名欄を使わずにダイレクトに書き込む人もいるんですね・・・・・・


ポケットのフラップはドットボタン付き。
雨衣22


左右とも隠しポケットです。
雨衣21
むしろ隠しポケットでないと困る。



では実際に着てみましょう。


手元の古い写真によると、警棒含め、装備は下衣の外に出していたようです。
当たり前か。

盛夏服でやってみましょうか。
雨衣23


着てみた。
雨衣25
盛夏服の場合は腰の位置の問題もありますし、
おそらく下衣の上から帯革を巻いて、そして上衣を着ていたんじゃないかと思います。

実際、背面のベルトループも帯革が通りそうですね。
雨衣24
今回は装備を外すのが面倒で通していないですが。



で、1つ疑問なんですが、無線機ってどうしてたんでしょうね?
雨衣27
スピーカマイクを出せそうな場所がないのです。
今度雨の日があったらPMをしっかり観察してみようかな。


ちなみにフードを着用し、ドットボタンを留めた状態。
雨衣26


拡大。
雨衣28
暑い。


続いて、合制服。
雨衣29
下衣のみを着用した状態です。
合制服や冬制服などの上着を着て、その上から帯革を巻くタイプの制服の場合は
こんな状態になります。

上着を着用した状態は盛夏服と変化がないので割愛。


この、制服の上から雨衣を着るこの感じ、どこかで見たなと思ったらアレですよ。
海軍航空隊の一種軍装の上から飛行服着た感じに似てるんですよ。
あれ妙に好きなんです。


ところで雨衣ってなんて読むんですかね?
私は「アマイ」と読んでいますが、
調べたところ「アメイ」や「ウイ」とも読むらしく、
結局のところどれが正しいのか分かりません。


さて、実はこの雨衣にはおまけが付いておりました。

それがこちら。
雨衣32
よく分からないベルトとこれまたよく分からない乗車帽です。


ベルトはバックル部分がさび付いており、不動です。
雨衣34
それどころかなんのベルトかよく分かりません。
一般的なただの作業用ベルトとは思うんですが、如何せん錆のせいでさっぱりです。

本当はいらなかったんですが、
雨衣などをまとめて購入した際に少しまけてもらったので、
「あ、そのベルトはいらないです」などとは言えるはずもなく。

取り敢えず希塩酸とブラシを駆使して錆を落としていこうかな。


で、乗車帽。
雨衣35
この乗車帽はものすごく軽いです。


内張りに発泡スチロールが使ってあるので、作業用安全帽ではないと思います。
雨衣36
おそらく125cc以下の乗車帽かと。


店主は「郵便局員用じゃないか」と仰っておりましたが、
仔細はまったく存じておりません。

しかし、額の部分に丸い跡が残っています。
雨衣37
郵便局員用のヘルメット用帽章は郵便マークを丸で囲んだものだったと思うので、
確かに郵便局員用かもしれません。



で、この乗車帽、相合傘の落書き彫りがあるのです。
雨衣38
名前ははっきり読めませんが、何を乗車帽でいちゃついとるんでしょうか。
独り身の私に喧嘩を売ってるんでしょうか。


脇にあるスタンプには911212とあります。
雨衣39
仮にこれが製造年月日だとしたら、
私は一体、何を20年も前の乗車帽に文句付けてるんでしょう。

まあともかく、元の姿に戻してやれたらな、
などと考えております。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2013/06/08(土) 01:18:07|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昭和43年式外とう | ホーム | 実物・下士卒用昭五式水筒甲型>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/109-f299673d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)