野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

ニューヨークブルックリンのチキンパスタペースト

前回のピザの数分後~

腹が減っている・・・・・・ピザの一枚では足りなかったか。
そうだ、MREだ。まだ食ってないのがあった。
mre2301.jpg
メニューはチキンパスタとペーストソースだったな。
ここは一発パスタでも入れていくか。
ピザにパスタ。今日はイタリアンで攻めよう。

なるほど。
内容はこんな感じか。
mre2302.jpg
左上から時計回りにヒーター、クラッカー、アップルソース、レモンライムドリンクの粉、唐辛子(2g)、
アクセサリパック、匙、レーション本体、チーズスプレッド、チョコレートプリン、飲用水加熱バッグ。


米軍の飯は不味いとの前評判。ちょっと心配だ。
だが腹もペコちゃんだし、ヒーターの注意書きをよく読んでさっさと作ってしまおう。
mre2303.jpg
なるほど、箱は捨てちゃあダメなのか。


調理中は箱をよく読んでみる。
mre2304.jpg
どうやら食事がいかに大切かを説いているようだ。



完成した。
mre2305.jpg
ここは戦場ではないので、皿に移しても誰も文句は言うまい。
「CHICKEN WITH PASTA IN PASTO SAUCE」を直訳するとチキンとパスタのペーストソースだが、
「チキンとパスタにペーストソースを掛けた」の間違いか何かかと思い込んでいたために、
随分とイメージしづらかった。
なるほど、本当にチキンとパスタがペーストソース状になっているのだな。



一丁唐辛子も使ってみよう。
mre2306.jpg
うおォン
俺はまるで人間AC-130だ。

うん、美味い。
誰だ米軍の飯が不味いと抜かしたのは。


そうだ、アクセサリーパックも開けてみよう。
mre2318.jpg



内容はAパックと異なり、Bパック。
mre2319.jpg


マッチの頭が赤くなっている。
mre2320.jpg
個人的に赤いマッチは使いやすい気がする。


食後にはコーヒーだな。

パッケージが新しくなってる。
mre2307.jpg


注意書きの内容は変わっていないらしい。
mre2308.jpg



美味い。
mre2309.jpg


このパッケージのレーションが採用されたのは2008年ごろだったはず。
ならばあるいはこのレーション、まだ期限が来ていなかった可能性だってある。
レーションも日々進化しているのだな。
不味いというのは過去の話なのやも知れない。



デザートがチョコレートプリン。
mre2310.jpg
はバニラシェイクだったな。
さて、作ってみよう。


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

なんてこった。
チョコレート味なのにバニラシェイクのときと同じ味がする。
mre2311.jpg
一口だけで胸焼け一直線のあの味だ。
今までの俺の中のレーション評価が一変してしまった。
クソウ、全てを葬り去る不味さだ。

前のバニラシェイクだけ余っていたのは決して時間がなかったとかではない。
食した軍人も不味かったからに違いない。
これが米軍の飯が不味いと呼ばれる所以か。



気を取り直してレモンライムを飲むことにしよう。
mre2312.jpg


これは水が12オンスも要るらしい。
mre2313.jpg


さすがに12オンスも入るグラスは家にない。
mre2314.jpg
今回は計量カップで作ろう。


うわあ、なんだかすごいことになっちゃったぞ。
mre2315.jpg


味は・・・・・・まあまあか。
ややべたつく甘さだが、「Reject」するレベルではない。


アップルソースとクラッカーは今食うには厳しいな。
mre2316.jpg
箱を眺めるだけにしておこう。


どうやら裏面はポストカードらしい。
mre2317.jpg
切り取って使えということか。



しかし胃の腑の具合が優れない。
ラストの二杯・・・・・・アレが効いたな。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金) 00:31:14|
  2. 奇食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MREレーションのアクセサリーパック

超省エネ更新とかほざいたのに結構すぐ更新するんだね。仕方ないね。

以前、MREレーションのバニラシェイクは飲みましたが、
まだアクセサリパックを開封していないことを思い出しまして。
mreax01.jpg
今回はそんなアクセサリーパックを見ていきましょう。



3AとあるのでAパックですね。
mreax02.jpg


中身は開封してみるとこんな感じでした。
mreax03.jpg
内容は上段左からタバスコ、粉コーヒー、マッチ、
中段左からちり紙、ガム、粉クリーム、
下段左からウエットティッシュ、砂糖、塩。


タバスコはレーション専用品のようです。
mreax04.jpg
昼にピザを食う積りだったので、早速使ってみましょう。


ちり紙。
mreax05.jpg
最初は何か分かりませんでしたが、あけてみると折りたたまれたちり紙でした。


マッチ。
mreax06.jpg
注意書きには「このマッチは特に湿った気候用に設計されているが、
濡らしたり数週間湿った空気の元に放っておいたら火付かないかんな?オォン?」とあります。
各気候区分ごとに作っているのだとしたらこれは在日米軍用かな?

まあ、単に湿気に強いマッチってだけで、特に日本などのアジア用ってわけでもなさそうですが。
それに、イラクやアフガンなどの中東は乾燥地域なのでマッチにはちょうどいい気候ですから、
湿気に強かろうがなんだろうが関係ありませんし。

内容量は20本。
mreax07.jpg
結構ありますね。
ためしに火をつけてみようとしたのですが、
軸が細くてすぐ折れる、火がつきにくい、とダメみたいですね・・・・・・
火が点いてからはそこそこ強力な火なんですが・・・・・・


ガム。
mreax08.jpg
食べてみると、キシリトールガムっぽいような、若干そこに甘みがあるような味です。
まあ、不味くはない。


砂糖。
mreax09.jpg
4g。
特筆することは・・・・・・ないですね。


塩。
mreax10.jpg
4g。
これもまた特筆事項はないですね・・・・・・。


粉コーヒー。
mreax11.jpg
メーカーはネスレ。
ピザのついでにコーヒーも淹れようか。


注意書きによると、6オンスの熱湯だそうだ。
mreax12.jpg
6オンスは大体170g程度ですね。


我が家のトースターは小ぶりなのだ。
mreax13.jpg
タバスコは一本使おうかとも考えましたが、少しばかり余りました。
味は悪くなく、ピザとの親和性は最高でした。



そうだ。コーヒーに粉クリーム使おう。
mreax14.jpg
クリームは8オンス分の4g。
紅茶でもコーヒーでもいいらしい。

その実、ミルクやらクリームやらを入れたコーヒーはあまり好きではないのだが、
今回は「アクセサリーパックを堪能する」というコンセプトなので、入れてみましょうかね。

6オンスのコーヒーと8オンス分のクリーム。
mreax15.jpg
なんてこった。4分の3にしなければならん。



サッー!(迫真)
mreax16.jpg
計測しなかったので、目分量で入れました。



できた。
mreax17.jpg
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
なんだか今一つ美味いと思えない。




No.23のパスタ、まだ食ってないのでそのうち書きますね。


塩と砂糖は・・・・・・どうしようかな。
web拍手 by FC2
  1. 2013/09/26(木) 21:05:42|
  2. 奇食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国鉄・昭和41年式接客服

生きてます。
言い訳すると、最近クソ忙しいです。
こっからもこの超省エネ更新はしばらく続きます。ご了承下しあ。


今回は国鉄時代の接客服の合服です。
国鉄s41合接客01
接客服とは、簡単に説明すると駅員と車掌が着用していた制服です。
ただし車掌といっても、一般客車の車掌のことで、
優等列車乗務員や新幹線乗務員のそれとは異なります。
また、運転士の制服とも異なり、その上電車運転士と機関車運転士は
これまたそれぞれで別種の制服を着込んでいました。


襟。
国鉄s41合接客02
本来はここに動輪をあしらった国鉄の襟章が付きます。
元々は付いていたようですが、購入時には欠損していました。
比較的流通数はまだあるのでそのうち調達したいところ。


内タグ。
国鉄s41合接客03
昭和46年度、並2号。
並2号は、着れないことはないのですが袖丈が短く、私にはやや小さいです。

かなり薄くなってますが、元の持ち主の名前がほんのりと残っていますね。


表の左胸ポケットから紙片が出てきました。
国鉄s41合接客04
よくよく見ると「効」などの文字らしいものが見受けられるので
検札後の硬券の欠片ではないかと。


袖ボタン。
国鉄s41合接客05

糸がだいぶ弱っており、すこし持っただけで外れてしまいました。


外れたついでに、縫い付ける前にボタンを観察してみましょうか。
国鉄s41合接客06
前ボタンも一つ外れました。
国鉄の象徴たる、動輪型ですね。


裏面。
国鉄s41合接客07
製造業者はいずれもASAHIKOUSAN。

縫い付けておきますかね。


前ボタン。
国鉄s41合接客08



内張り。
国鉄s41合接客09
袖のほうの内張りが少々ほつれています。
そのうち縫いとめるか・・・・・・



続いて下衣。
国鉄s41合接客10



内タグ。
国鉄s41合接客12
昭和46年度、並2号。
私にしてみるとかなり小さく、まず股下が足りず、
腰周りも足りませんでした。
それ以前に腰まで上がりませんでした。


前ボタン。
国鉄s41合接客11
全て揃ってます。


腰紐。
国鉄s41合接客14



鉄道マンのズボンの特徴とも言える、懐中時計(鉄道時計)用のポケット(腰ポケットの右)。
国鉄s41合接客13



内張りに、名前がありました。
国鉄s41合接客15
名前はわかるんですが、「キ」ってどういう意味でしょう?
所属なのか、はたまた同じ苗字の人が同じ車掌区だかにいたから
下の名前を一文字だけ書いたのか・・・・・・
はて・・・・・・



ここまで来ると新幹線乗務員やら機関士、運転士やらの被服が気になりますね。

・・・・・・ああ、いかんなあ・・・・・・
どんどん泥濘に足を踏み入れて行ってる気がする・・・・・・
web拍手 by FC2
  1. 2013/09/22(日) 01:30:32|
  2. 交通系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国鉄・昭和41年式一般制帽

最近床屋に行きました。

野方「クルーカットにしてください」
店員「クルーカット・・・・・・?」
野方「ああ、あの、いわゆるGIカットというやつです」
店員「ああ~はいはい・・・・・・」

なぜか坊主頭にされました。
誰が坊主頭にしろっつったよ。野方です。

今回は久方ぶりの交通カテゴリの更新です。

国鉄の昭和41年式、一般用制帽です。
国鉄制帽07


この制帽は天井部には芯が入ってません。
いわゆるクラッシュキャップ型です。
国鉄制帽01
本来は芯が入っていたと思うので、単に個人的に芯を抜いただけやも知れません。
国鉄被服は最近になって実物を集めだしたのでよく分かりません。

制帽自体はやや小ぶりです。
国鉄制帽02


帽章。
国鉄制帽03



内タグ。
国鉄制帽04
昭和44年度、3号形。
3号はだいたい56センチ程度です。
製造はユニチカと日本官帽制帽。
多分それぞれが生地と縫製を担当したのではないかと。
元々支給された人の名前が印鑑で押されている分を除いて消えてます。
長いこと使用されたためでしょうね。


鳩目。
国鉄制帽05
楕円形です。
楕円形の鳩目ってあまり見かけないような。


耳章。
国鉄制帽06
国鉄制帽の特徴たる、動輪型の耳章です。
この動輪がいかにも国鉄って感じですねえ・・・・・・




他にも紹介したい一品はあるんですが、如何せん最近忙しいもので・・・・・・


更新頻度がものすごい勢いで落ちると思いますが、勝手に殺さないでくださいね。
web拍手 by FC2
  1. 2013/09/08(日) 23:53:53|
  2. 交通系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0