野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Melancholy of Kousaku Nogata

最近になって、「涼宮ハルヒの驚愕」を読了しました。
haruhi01.jpg
分裂の読了が今からちょうど6年前だったと思うので、相当な期間が開いてますね。
発売自体は二年前だったはずなのに、何だってこんなに長いこと期間が開いてしまったのか。
理由はあれこれあります。



その前にまずは、私がハルヒシリーズにのめりこむようになった経緯を書いていきましょうかね。


その昔、私は少年エースをたまに購入しては読み耽ってました。

あるとき購入したエースの中に、妙に気になる漫画がありました。
それが「涼宮ハルヒの憂鬱」でした。

そのとき読んだのは、孤島症候群。それもみずのまこと版の最終話でした。
その雑誌も手元にはもう現存していません。
もしもTPDDで過去に戻れるなら、自分をぶん殴ってでも説得しますね。
「その少年エースは残しておけ」って。
まさかそれが単行本未収録になっているどころか、黒歴史扱いされていることなど知る由もなし。
結局、その事実を知ったのはそれから数年後のことです。

当時の私は、「涼宮」を何と読めばいいのか分からず、
「「スズミヤ」・・・・・・いや、「リョウグウ」?そもそも、どっちにせよそんな苗字あるの?」
と、おおよそライトノベルを読むにあたっては、最も不適切な人種であったことに間違いありません。


で、しばらくしてまた少年エースを何の気なしに購入したら、
「涼宮ハルヒの憂鬱」が掲載されているではないか。
「あれ?だいぶ前に終わったんじゃ?」などと思いながらも読みました。
それが選手交代しての、ツガノガク版のコミカライズであるなどとは露知らず。
確か読んだ話は、第二巻収録「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」だったかと。
haruhi03.jpg

その後、アニメ化することと、原作がライトノベルであることを知りました。
ちょうど、初回が始まる前に知ったので、何の気はなしに第一話を見ました。
本放送版の第一話は、第0話「朝比奈みくるの冒険」でした。
みくるがカラシニコフを持つシーンを見ては、
「おお、カラシニコフだ。マルイ製かな?」と感想を抱き、
同じくデザートイーグルを乱射するシーンでは
「おお、長銃身版デザートイーグルだ・・・・・・あ、「18歳以上用」のシール張ってある」
とか、そこしか見てませんでした。
何せ、原作未読で、誰が誰だか分かりませんでしたし。


その時はそうでもありませんでしたが、そこから妙に惹きつけられ、その半年後には「憂鬱」を購入し、
「憂鬱」を読んだ後はそのまま原作を読んで買い、読んでは買いを繰り返し、
気が付いたら当時発売されていた全巻を手元に揃えていました。
まったく、困ったものです。

と、まあ、そうやって私はハルヒシリーズを読んだわけです。


それから約二年後、ハルヒ二期の急報が私の元に飛び込んできました。
それに飛びつかないわけがありません。
一期にやった内容などから、二期の主幹にすえられる話は「消失」だろうと思ったわけです。
haruhi02.jpg
「消失」は殊更に好きな話です。
期待しないはずがあるでしょうか。


・・・・・・まあ、蓋を開けてみれば「終わらない夏休み」だったわけで。
詳細については皆さんご存知だと思いますので、割愛します。
私自身は、途中までは見ましたが、4話目あたりでドロップアウトしたような記憶があります。
その後の展開などはまったく知りません。
しかし、今更になって、見てみたくなってきたのです。
「エンドレスエイト」を。
そして、その後に控えている「退屈」をも。


ここでようやく冒頭の話に繋がるわけです。

最近になって、なぜか不意に再燃しまして。

きっかけはたぶん某「笑いながら見る動画サイト」の、「新訳・涼宮ハルヒの憂鬱」ですね。
数年越しにこれをやはり不意に思い出しまして。
久しぶりに通しで見て、腹筋がつるかと思うくらい笑いました。
当時も腹筋がねじ切れるかと思うくらいに笑った記憶があります。
内容は、百聞は一見にしかず。
まあ、是非一度ご視聴を。


さて、「驚愕」です。
まあ、実にありきたりな感想なんですが、「面白かった」です。
詳細な感想はそれ専門のブログにでも任せます。
私の領分じゃあありません。
橘さんマジ不憫。



で、延び延びになっていた「消失」もこの連休中に見ました。
haruhi04.jpg
本来ならば、3年前に見ていたはずなんですが、前述の通り、
「夏休み」で脱落しまして。
そこで一気に冷却されてしまったのです。
「ファン失格だ」の謗りは甘んじて受け入れます。
それだけは抗いようのない事実ですし。


本題です。

展開も何もかも知っているはずなんですが、
「全てを知った上であそこまでわくわくする映画」を私は知りませんね。
谷口との会話シーンからのハルヒとの再会までのくだりなんて、
未読者のようにわくわくしました。

個人的に二期でやらなかったのは残念だと当時は思いましたが、
これは劇場版にして正解です。
むしろ、劇場版じゃあなければここまで面白くならなかったとも思います。

劇場公開にしたときは、角川をそれはまあ恨んだものですが、
今にして思えば「よくぞ英断してくれた」です。
それこそ「金儲けの題材に使えるのにTVアニメにしておくには惜しい。よし、劇場版にするぞ」
という単なる拝金主義的な判断だったのかもしれません。
しかし、現実にここにいる一ファンに感動をもたらしたことは紛れもない事実です。
大画面でやってくれてこその作品です。
角川的に「大画面で」の思い入れがあったのか、はたまた前述のような理由だったのかは分かりません。
しかし、実に上から目線ですが、私は角川の英断に拍手を送りたいところです。

何故当時の私は「夏休み」を途中で切った上に
「消失」を観に行かなかったのか。
それこそTPDDで3年前(むしろ四年前?)に行ってひっぱたいてやりたいくらいです。


そういえば世間はもうすぐ夏休みですね。
四年越しに、リトライしようかしら。
エンドレスエイト。


あと、ハルヒのBGMって名曲ぞろいですよね。
サウンドトラック買おうかな。




~余談~


どうでもいいことなのですが、
消失のスタッフロールを見ていて気付いたことがあります。
haruhi05.png

haruhi06.png


haruhi07.jpg




ねえよ。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 03:58:25|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閑話休題

※今回の記事は骨董市の流れから完全に逸脱してますよ※


早いもので当野方工作所もいつの間にやら記事数100件突破と相成ったわけでして。


さてさて、実は最近あるものを買ってきました。



それがこちら。
dvd01.jpg
「よく分かる!陸上自衛隊
陸の王者!日本を守る戦車の歴史」

今サークルKかローソンで今発売中です。

何だってこんなのを買ってきたのか。


まあ裏面見れば話は早いです。
dvd02.jpg
オーディオコメンタリーに「不肖・秋山優花里の戦車講座」出張版
が収録されてるからなんですよね。


詳細は記すことが出来ませんが、
中の映像も中々にマニアックでよかったですよ。
無論、オーディオコメンタリーも。
dvd03.jpg
因みに収録時間は65分です。
秋山殿が延々65分喋ってます。
面白かったですよ。


ところでこのチラシの裏面なんですが、プレゼント企画について載っていました。
dvd04.jpg

dvd05.jpg



  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |




その上ディスクのみとはいえ、「絆~キズナノキオク~」が
貰えるというのは看過できません。


さて、コンビニまでもうひとっ走り行ってきますか。
web拍手 by FC2
  1. 2013/05/20(月) 00:21:20|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRLS-und-PANZERのブルーレイを買った話

ガールズ&パンツァー面白いですね。


桃ちゃんがいいキャラしてますよね。
某所の「無能な働き者」という評価がなんともw

しかし、丸山さんはいつ喋るのやら。
喋ってほしいようなほしくないような・・・・・・


ただ、中でも特にプラヴダ戦ですよ。
第8話のカチューシャ合唱のくだりは気が付いたらテレビの前で一緒になって口ずさんでましたからね。
恐るべしプラウダ高校。

さて、今回はそんなGuPのブルーレイ第一巻について。
gup101.jpg

「何故今更一巻の話なのか」?
文字起こしたけど記事にすんの忘れてました(はあと)






さて、あれこれ見ていきましょうか。
gup103.jpg
左上から時計回りにパッケージ、鑑賞の手引き、トランプ、ブルーレイディスク、キャラクター原案画集。

パッケージ。
gup102.jpg
収納ボックスになるようです。

鑑賞の手引きは要するに設定資料集です。
gup106.jpg


フミカ姐さんのキャラクター原案画集。
gup112.jpg
中には身長の比較図や主要キャラクターの原案画が載ってます。



余談ですが、このキャラクター原案画集の秋山殿がなんかすごく男前に見えます。
gup105.jpg
「三白眼気味でニヤッと笑っている風に」と説明にはあり、
それだけだと何やら気味の悪い顔が思い浮かぶのにこの不敵な笑顔である。
まさしくグデーリアン。


トランプ。
gup110.jpg
ハートのA~9まで。

一覧。
gup111.jpg
A~5があんこうチーム、6~9がバレー部組(アヒルさんチーム)。

トランプといえば、4話でウサギさんチームが遊んでいたトランプ、
あれ欲しいですね。
gup108.png
パンジャンドラム柄てw




ところで、野方家にはブルーレイの再生環境がありません。
我が家には、ブルーレイの、再生環境が、「無い」んです。

大事なことなので二回書きました。


今回のこれは特典欲しさに買いました。
gup107.jpg
もう見事なまでにアクタスの策略に乗せられてますね。
・・・・・・なんか前にもこんなことがあったような・・・・・・

しかし、何でしょうね。
手元にあるのに見ることは叶わない、このディレンマ。


誰か友人にブルーレイの再生環境を持った奴は居たかな・・・・・・

あー、特典映像見てえ・・・・・・
web拍手 by FC2
  1. 2013/03/14(木) 00:21:14|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・みなみけ~ただいま~放送開始

一月からみなみけ三期の放送が始まりましたね。

あの特有の何とも言えないゆるい感じ・・・・・・
いやあ、堪りませんね!

野方さん個人としては「みなみけ」はコタツのような作品だと思うんですよ。

そこにあると入りたくなり、一度入ったが最後なかなか抜け出したくなくなってしまう、
そんな空気のまさしくコタツ漫画・アニメだと思うんです。




ところで
「今原作一巻を購入するとしおりが付いてくる」
なんてキャンペーンをやってるそうですが、
これはアレですか?もう一冊一巻を買いなさいという意味ですか?

野方がみなみけ一巻を買ったのは一期本放送の時期なので、およそ5年前ということになります。
みなみけ01
なんだって今そんなキャンペーンを・・・・・・
買えってのか!もう一冊一巻を買えと言うのか!
余った一巻はどうしろと!


・・・・・・いや待てよ、余った分は誰かに布教すればあるいは・・・・・・
そう考えれば550円程度の出費は痛くないですね・・・・・・


それはそうと、私の住んでる地域でも5話が放送されました。
そうやって考えると早いものでもう2013年も一月過ぎたことになりますね。
いやあ、時の経つのは早いもんですねえ・・・・・・。

まあ取り敢えず、みなみけ三期、まだ見ていない人は
是非とも一度ご覧ください。


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


やってて苦しくなってきたのでそろそろ真面目に書こうと思います


知らない人のために書くと「みなみけ~ただいま~」はアニメ第四期に当たります。
と言うことは1~3期もあったということになります。

・・・・・・ありましたよ。一期も二期も三期も。



ではなぜ三期と先ほど書いたのか。
理由はちゃんとあるんです。

できることなら一期が2007年10月~12月、二期が2009年1月~3月、三期が現在、と
某大百科だかアンサイクロよろしく白を切ってもいいんですが、逃げていてもことは始まりません。

正しくは2008年一月~三月に二期・みなみけ~おかわり~が放送されました。



そもそもなぜみなみけの記事を書こうと思ったのか。
「ただいま」が始まったというのもありますが、部屋の隅から当時録り溜めた
「みなみけ~おかえり~」のテープを発掘したんですよ。
それでなんだかふと「おかわり」の悪夢を思い出したんですよ。
みなみけ02
当時「おかわり」も録り溜めたように思うんですが、テープが消失しました。
まあ、見たくも無いですが。

この二期を封印した理由は簡単です。
まず第一に「面白くない」んです。
原作付きの話は面白かったように記憶してるんですが、オリジナルになると
途端に面白くなくなったような気がするんですよね。

そして、とにかく陰鬱で重く、暗いんです。
元々みなみけは底抜けに明るい作品です。
それを原作に準拠すりゃいいのに勝手な改変を加えた挙句、
あそこまでつまらなく出来るのは一種の才能でしょう。


この「みなみけ~おかわり~」は、
単体では「クソアニメ」の烙印を押されてみんなの記憶に埋没するだけの作品だったと思います。
いまだに語り草になっているのはやはり一期からの二期だったからでしょう。

一期は原作の持ち味そのままにオリジナル話を混ぜてきました。
その上原作部分も若干のアレンジを加えつつも、たいへん良い出来でした。
あのほんわかとした空気、ゆるい感じ、実に素晴らしかったです。

そして迎えた二期・みなみけ~おかわり~。
そこには地獄が待っていました。
まさしく「お変わり」でした。

第一話のクオリティはそれなりだったような気がします。
尤も、OPのアニメの時点で若干嫌な予感はしてました。
OPを見たときあまりのひどさにテレビの前で「なんだこれ・・・・・・」と
思いもよらず独り言が出ましたからね。
同時に「あと3ヶ月これと付き合うのか・・・・・・」とも思い、辟易としたのを覚えています。
最早、みなみけの世界観とそぐわないとかそういうレベルの問題ではないです。

まあ、「百聞は一見に如かず」という言葉があるので見たことが無い方は以下どうぞ。


当時、一話を見た後に二話以降を見るのをやめるかどうするか割と真剣に悩みました。
しかしまだ保坂は出ていないので保坂を一目見るまでは、
と保坂が出るまでは視聴を続行することにしました。

幸いなことに保坂とその周辺はあまり悪い印象を受けませんでした。
なんだってここだけ高品質なままなんですかねえ・・・・・・嬉しかったけど。

あとモブたちの謎の黒塗りですかね。

あれは結局のところ何が言いたかったんでしょうかね?
モブは没個性だぞとでも言いたかったんですかね?
あれには言い知れぬ恐怖を感じましたね。


さらに書くと、完全に私の感性の話で恐縮ですが、なんだか近寄りがたいんですよ。あの塗りが。
なんというか、あの絵と塗りからは何かしら猟奇的な印象を受けるんですよ。

後に二期の監督がアニメ版「未来日記」を担当したと聞いて妙に納得したのを覚えています。
あの猟奇的な世界にはぴったりだな、と。

余談ですが、野方さんはえすのサカエと言えば未来日記よりも
「花子と寓話のテラー」の方が印象が強いです。
連載当時ちらっと読んだきりですが、寓話探偵のあの世界観に妙にひきつけられましたね。

因みに一期の監督は後にゆるゆり製作に回ったそうです。
納得ですね。




さて、避けてきましたが「フユキ」についても書こうと思います。

「みなみけ~おかわり~」のダークマター筆頭ですよ彼は。
個人的にはフユキの存在を抹消するだけでも二期は数倍マシになると思います。

どこかでの考察と被るかも知れませんが、
フユキは我々を表してるのではないかと私は思うんですよ。

フユキに自己投影することによって「みなみけの面々と触れ合えるんだぞ、ホラ嬉しいダルルォ?」
というような監督の粋な計らいを感じます。
仮にそうだとしたら、モブが黒塗りにされる中、
彼だけがしっかりと造形されていたのにも合点がいきます。
ああいった形での二次元との交流というのは新しいですね。
いやあ、全く以って素晴らしいですね。
同人誌かっつーの。

アニメは現実とは違うんですよ。
アニメでまで現実は見たくないし、あまつさえ自分は登場したくない。
「あの中に混じりたいな」という願望は持てど、叶わないからこそ満足なんですよ。
それを叶えてどうするんだこのバカ野郎。

それはそうと作中(第何話だったかな?)で出てきた海戦ゲームの盤上ゲームは欲しいと思いましたね。
放送直後は友人とよくノートに書いた海戦ゲームで遊びました。
あれは単純ですが中々に面白く、飽きが来ないんですよね。
艦の布陣やら移動の作戦やらハープーンミサイル等の特別ルール
(直撃した場合、通常は魚雷数発で撃沈扱いだが、洋上艦はハープーンミサイル一発で撃沈。
潜水艦は直上弾扱いで無傷)やらを立ててみると
わずか5×5マスだというのにも拘らず白熱しますよ。



さて、ここまで長々と書いといてなんですが、
みなみけ~おかわり~、実は殆ど覚えてません。
ハルカの交換留学が勘違いだったのやら、最終話のトリが保坂だったのは覚えてますが、
4話あたりから記憶があやふやでいまいち詳細に思い出せないんですよ。
というか忘れました。
あまり思い出したくない、というのもありますが、
「そういえばこんな話があったような気がするな、でも何話だっけ?」こんな感じです。



いやほんとなら、私は千の言葉を用いて「おかわり」を罵倒してやりたいよ。
ただ、私にはそれほど多くの語彙があるわけではないんだ。
はがゆいよ。
もっと言いたいことはあるのに上手く伝えきれないんだ。
できることならね、「おかわり」の何が悪いのか万の言葉を用いてレポートを纏め上げたいよ。
でも如何せん私はそんなに文章力があるわけではないんだ。
今回の記事が限界だよ。
監督さんよ、不出来な視聴者でごめん。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


にしても一期や三期、それに今やってる「みなみけ~ただいま~」はいいですね。
ただいまと無印は特に好きですね。

野方はもう五年以上前のものにも拘らず未だに「カラフルDAYS」に元気を貰ってます。
みなみけ03
本当に心の底から元気が出るんですよ、一期のEDは。


嬉し楽し全部集めて とにかく今を駆け抜けましょう!
泣いちゃう時とかも そりゃまぁあるけど
後悔とか 棚に上げて 選り取り見取り カラフル光線
二度と無い時間が 光に変わるよ

みなみけ04



三期は二期と制作会社が一緒と聞いてかなり不安でしたが蓋を開けてみれば
なんてことは無い、いつもどおりのみなみけがそこにはありました。

まだ見たことが無い人はみなみけ、二期を除いて是非とも見て、どうぞ!

・・・・・・怖いもの見たさで見たいというのなら野方さんは止めませんよ。おかわり。
ただし、「過度な期待はしないでください」。
web拍手 by FC2
  1. 2013/02/05(火) 22:17:47|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エイラのタロット

皆さんどうも、野方です。

ストライクウィッチーズに限らず、アニメDVDの限定版には色々特典が付いてくるものです。
今回はSW一期の第一巻の付録のエイラのタロットカードを紹介しようと思います。
ハイそこ「今更?」とか言わない!

これが欲しくて欲しくて限定版を買ったものです。
sw02.jpg
見事にGONZOの策略に乗せられてますね。
だがそれがいい。

イラストは野上武志氏です。
sw01.jpg
22枚なので所謂大アルカナですね。

この運命の輪のイラストは一番好きです。「運命の輪」ね・・・・・・
sw03.jpg
カードは左上にカールスラント語、ガリア語、右上にブリタニア語、扶桑語、上中央にスオムス語、
左下にロマーニャ語、右下にオラーシャ語で意味が書いてあるという凝ったデザインです。

個人的に戦車の「TANK?」「CHARIOT!」のやり取りがツボです。
sw04.jpg


そういえば確かエイラは腰に付けてる弾薬盒みたいなやつにカードをしまってましたね。
sw15.jpg
作ってみようかしら・・・・・・


さて、ものは試しにウィキペディアなどを参考に占いをやってみましょうかね。
自分を占うのは占い界の禁忌なので、そうですね・・・・・・「日本の未来」でも占ってみましょうかね。
フォーチュン・オラクル法がいいかな?

一枚目(原因):審判(逆位置)-再起不能、後悔
sw05.jpg
二枚目(周囲からの影響):吊し人(逆位置)-無意味な犠牲、盲目
sw06.jpg

三枚目(過去の行動):死神(正位置)-停止、損失
sw07.jpg
四枚目(現在):太陽(逆位置)-延期、失敗
sw08.jpg
五枚目(希望):女教皇(正位置)-知識、聡明
sw09.jpg
六枚目(問題による進展):運命の輪(正位置)-チャンス、一時的な幸運
sw10.jpg
七枚目(行動しない場合の未来):教皇(逆位置)-狭量、怠惰
sw11.jpg
八枚目(解決方法):皇帝(正位置)-責任、父性
sw12.jpg
九枚目(解決方法):恋人(逆位置)-嫉妬、裏切り
sw13.jpg
十枚目(結論):女帝(正位置)-豊穣、母性
sw14.jpg
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・





 l       i       / / /::\    / /|:::|   |  |
    !      |l       / :/:| ./   ヽ  / /  |::::|  ハ |
    !      |:|      :|| / ::| |    ×/   ∧ |-::| | | |
    l      |::l      l:| |-十ト=- イ ∧   √!/  | | リ
     |    ノ、l    | | |  | |  く     ∧ /_土ニ/ | |
      |  /⌒ヽ     | lj  キ|__,,..=ニミ    | 人tッリ/ | |
     |   {:::(::.. |\ ..|  くく"弋 t_ッリ     レ    l   リ
      い人へ.(   \|   :::::::::::::     ,   :::::: l
      /   |ゝ_ ソ                ノ    l
      |  /:::::::l:: ̄ヽ            __,.   ノ  
     |  |::::::::::||:::::::::|:\     `-=ニ ̄- '  / 
.     |  |::::::::::|::|:::::::∧  ヽ          /|
    |  |::::::::::|:::|:::::::::::|   ` -    _ _ /\_|___
     |  /⌒\ノヽ __/|        |‐- _/"   /⌒ 、

web拍手 by FC2
  1. 2012/08/22(水) 00:08:08|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。