野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

SB-8型防護面付特殊警備用ヘルメット

最近マル機装備を拡充しつつありまして。

で、買ってしまいました。
SB-801.jpg
SB-8
機動隊のヘルメットには色々ありますが、やはりメジャーどころといえばSB-8。
前々から欲しかったんですよねえ・・・・・・マル機装備は金かかるなあ・・・・・・

防護面用保護カバーも付いてきました。
SB-802.jpg

防護面。
SB-803.jpg
ポリカーボネート製で口元の穴の数は上から小3、小4、大3、大4。
今回のはデッドストック品で防護面に保護シールが付いたままです。
これはその内外しましょうかね。

裏から。
SB-806.jpg
スポンジが付いてます。
確か火炎瓶等の直撃を受けた際に燃料が顔面に広がらないようにするためのものだったかと。

頚椎保護垂。
SB-804.jpg
初期のSB-8にはこの頚椎保護垂がありませんでしたが、
日大闘争の頃に落石攻撃で死亡事故が起きたために取り付けられました。
以前ある方より伺った
「形は一体なんであれ装備品というものは基本的には誰かの犠牲の上にある」
という言葉を思い出します。

ところで防護面ですが、単純に上げ下げする構造というわけではないようです。
SB-805.jpg

まずは前に防護面を引っ張ります。
SB-807.jpg

それから下げます。
SB-808.jpg

これを可能にしているのがこの独特な構造の金具。
SB-809.jpg
うーむ、美しい。
他ではまず見ない構造ですね。

内張り。
SB-811.jpg
寸法表記等が見当たりませんが、まあ60センチくらいじゃないかと。
私には大きいのですが、マル機も旧軍同様まず略帽を着用して
その上からSB-8を被るらしいですし、
さらにでかけりゃ折った新聞紙などの詰め物をするといった方法があるらしいので
それに倣おうかな。

顎紐。
SB-810.jpg

これは旧軍の九〇式鉄帽のような方法で留めればいいそうで。
SB-814.jpg

耳あて。
SB-812.jpg
下部はマジックテープ留め。

帽章なしですがまあ、それはおいおいと。
SB-813.jpg


それはそうと、コメントで頂いたことなのですが、
それによると何でも以前の記事で少し触れた青色の篭手は警備員用で
実際当時はSB-8も民間に向けて販売されていたのだそうです。
確か現行の警備業法では防石面付ヘルメットの使用は禁止だったはずなので
相当前ということになりますが、昔の警備員って篭手も警備ヘルメットも着用可って
ちょいと怖すぎませんかね・・・・・・
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
  1. 2016/05/05(木) 14:35:56|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<在郷用奉公袋 | ホーム | 実物・下士兵卒用九八式外套>>

コメント

SB-8

 こんにちは。以前から拝見しておりました。SB-8を入手されたのですね。これは警察に納入される以前のデッドストックようで、非常にレアです。入手できるものなのですね。私は防護面だけを所持しています。今は例のに大盾を入手できないかと模索しています。手に入ったら部屋に飾ろうと考えています。 草々
  1. 2016/07/10(日) 18:58:29 |
  2. URL |
  3. 森羅 万象 #-
  4. [ 編集 ]

Re: SB-8

>>森羅 万象さん
以前から見ていただいていたようでありがとうございます。
あるイベントで手に入れたのですが、私もまさかこんなきれいな状態のデッドストック品が、まだ残っていたなどとは露ほども思ってませんでした。
入手出来たのは幸運としか・・・

防護面をお持ちなのですね。
それでしたら、米軍のM1ヘルメットに取り付けるのも「有り」かと。

大盾は面白いのが手に入りましたので、近い内に記事にします。
  1. 2016/07/26(火) 09:16:32 |
  2. URL |
  3. 野方 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nogatake.blog.fc2.com/tb.php/199-e6896894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)