FC2ブログ

野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

ハラールチキンソーセージ

実は今、鹿児島に住んでるんですが、
こっちに来てからのカルチャーショックの一つに鳥刺しというものがあります。
まあ、最近は鶏肉を生で食うという行為に全く抵抗がなくなってる自分の存在にも驚きですが。

あとは、先月の話ですが、こんなものもありました。
20190415191317aea.jpeg
桜島どりのハラミ。
いやはや、希少部位のはずなんですが
スーパーで売ってるんですよねこれがまた。

とまあ、そんな鶏肉大国に住んでいながら、近所の業務用食品店で買ってきました。
2019041519131098a.jpeg
ハラールチキンソーセージ。
ハラール食品って食べたことないんですよね。
奇食カテゴリに入れると問題になりそうな気がしますが、
食にまつわるものは全てこのカテゴリで取り扱っているんで
まあご了承いただければ。

原産国はブラジル。
201904151913116bc.jpeg
調理法は「三分間茹でろ」とある。
鳥肉といえばブラジル産は大分安上がりな印象です。
安全性云々の話はさておいて。

で、ですね。

そもそもチキンソーセージなんてものは国内でまあ、そうそう流通してません。
大抵豚肉を使ったものの方が一般的かと。

まあ、実食しましょうか。
201904151913146b7.jpeg
12本ある内の半分の6本を頂く。

実食。
201904151913150a7.jpeg
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

チキンのソーセージという感じ。
面白い、というか、
ひねった感想が出る余地もなくチキンソーセージ。

まあ、これはこれで。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2019/04/15(月) 19:16:30|
  2. 奇食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交通課用防暑帽

ご無沙汰しております。
生きてます。

本題。
20190414230025f82.jpeg
交通課用の防暑帽。

かつては交通課員に防暑帽が支給されていました。
20190414230021f04.jpeg
時期としては昭和31年制式の時代。
まあ、一応今でも交通課の特殊被服として女性警察官に貸与されてるみたいですが。

帽章。
201904142300289dd.jpeg
金属帽章さえあればビスヘルメット買ってきて取付けるだけで複製出来そうですね。

側面の鳩目。
201904142300335e8.jpeg

内張。
20190414230033fdf.jpeg
タグ類は見当たりません。
ややビン革が捲れあがっている。

何やら数字が打ってある。
2019041423003089e.jpeg
管理番号かな・・・・・・

使用例も探せばどこかに写真があると思うんですが、割愛。
web拍手 by FC2
  1. 2019/04/14(日) 22:59:15|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治四十一年式冬衣

明治四十一年制式の冬衣。
20190110235123ba3.jpeg
生地は黒羅紗地。
少し痛みがありますが、まあ比較的良好な状態。

前釦はプラスチック製のものに換装されている。
201901102351259f2.jpeg

肩章留と襟章も欠。
20190110235127ada.jpeg
襟もややほつれが見て取れる。
おそらく、昭和十一年制式が支給された後で襟章と釦と肩章留を外して普段着にでもしようとしたんでしょうか。

胸元。
20190110235127c1e.jpeg
糸かがりが有ります。
元は皇軍荒武者かな?

袖章。
201901102351223f3.jpeg
巡査。

背面。
201901102351291e9.jpeg

当時の警察被服の特徴として、サーベルを吊ることから左腰に切れ込みが入ってます。
2019011023513094b.jpeg

右にはありません。
20190110235132e7e.jpeg

背面襟。
2019011023513330e.jpeg
ややほつれてます。

内張。
201901102351387c1.jpeg

検定印。
20190110235139498.jpeg
警視庁、昭和十年四月供用。
4号。
となると、前述の糸かがりは昭和六年乃至九年事変従軍記章と勲八等白色桐葉章あたりでしょうか。

うーん・・・・・・この被服、元に戻したいやら何やら。

いや、釦自体は有るんですけども。
201901102355217cb.jpeg
web拍手 by FC2
  1. 2019/01/10(木) 23:56:07|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被服と寸法の話

新年早々43式の大量放出セールをやりました。
20190106144419760.jpeg

で、ですね。

持ってる43式を全部引っ張り出してみると、まあアホみたいに出て来る出て来る。
201901061444182fd.jpeg
そりゃ収納場所も無くなるわけだ。

その過程で「そういえば寸法って具体的にどうなんだろう」と思いまして。
20190106144421565.jpeg

いい機会なんで持ってる分を測ってみようかと。

号数表示は21式以前は数字のみ。31式では試行錯誤が垣間見えますが、それ以降は基本的にアルファベットと数字の組み合わせになってます。
基本的にアルファベットは体型、数字は身長に応じた寸法というシステムです。

Aは標準体型、Bが準肥満体、Cが痩身体型という括りになります。
そして数字は大きくなるほど寸法が小さくなります。
これは自衛隊被服でも同様ですね。

で、測ってみた結果ですが。
判明してる分は年次付きで以下の通り。

21式
2号
肩幅46 袖丈56 身幅54 着丈69

27式
5D
肩幅40 袖丈56 身幅48 着丈56

31式
2C夏 (39年製) 肩幅44 袖丈56 身幅46 着丈70
2C冬 肩幅44 袖丈58 身幅50 着丈66
C2夏 (43年製) 肩幅46 袖丈58 身幅48 着丈72
E2 肩幅45 袖丈57 身幅48 着丈68
準肥体3号 肩幅47 袖丈59 身幅54 着丈72
39-1(39年製) 肩幅46 袖丈62 身幅56 着丈80

昨今だとE寸といえば肥満体向けという役回りの様な感じですが、この頃は違ったみたいですね。

あと、39-1の39が分かりませんが、着丈も長いですし、1は1号という意味でしょうか。

43式。

A2冬 肩幅46 袖丈61 身幅54 着丈76
A6 肩幅44 袖58 身幅51 着丈70

B2冬(47年製)肩幅47 袖丈62 身幅58 着丈76
B2夏 肩幅47 袖丈62 身幅58着丈79
B5冬 肩幅50 袖丈56 身幅62 着丈72

C2夏(44年製)肩幅42 袖丈60 身幅48 着丈75
C3冬 肩幅44 袖丈59 身幅48 着丈74

微妙に夏冬で同寸法でも差があるみたいですね。

とまあ、何かの参考になれば。

ズボンはまあ、その内。

というか被服号数表探す方が手っ取り早い気がしてきた。
web拍手 by FC2
  1. 2019/01/06(日) 14:46:52|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

500円貯金の話

明けましておめでとうございます。
旧年中は色々とありましたが、本年もよろしくお願いいたします。

さて、こうして平成最後の年が幕を開けました。
思えば不思議なもので、これが現元号最後の年であると国民の総てが把握しているところです。
今までは陛下が御隠れになることで、つまるところ不意にご崩御あらせられてから元号の終わりを知るに至るところでした。
大正の時分にも、昭和の時分にも無かったことです。
なんとも妙な心持ちですね。

さて本題。

まあ私は趣味の傍で500円貯金なるものをしてまして。

不意に思い付いてやったところですが、
そもそもを辿ると、昔貰ったこの貯金箱の存在があります。
20190105110648979.jpeg

吉本新喜劇の貯金箱。
20190105110650104.jpeg

パッケージ上には吉田ヒロを始め、当時のメンバーが描かれてます。
20190105110652dff.jpeg
口金が歪んでるのはまあ、ごにょごにょと。
今は亡き井上竜夫が懐かしいですね。
この頃の藤井隆の「フォー!」が好きでした。
そういえばしげじい、この頃はこんなキャラでしたっけ。

とまあ、そろそろこの貯金箱もキャパオーバーしてまして。
201901051106493d7.jpeg
ただ、この上蓋を缶切りで開けるのも憚られる。

てえわけで下面から開けましょうか。
20190105110658f51.jpeg

おや。
201901051106531e2.jpeg

懐かしいものが出てきましたね。
20190105110655733.jpeg

で、ですね。
20190105110656446.jpeg
合計が141000円。
まあ、口座にでも入れておきましょうか。
新年早々でかいお年玉だなあ・・・・・・

と思ったら今日は郵貯窓口が開いていない。
web拍手 by FC2
  1. 2019/01/05(土) 11:10:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ