野方工作所

野方幸作が気まぐれで書いてるあれこれ。もしかして無線軍事警察消防鉄道アニメ全分野を一つのブログでカバーするのは不可能じゃないかと思い始めてる。コメントや質問などはお気軽にどうぞ。頂けると狂喜乱舞します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国鉄・昭和41年制式制帽(職員)

国鉄の冬制帽。
20180108115813a64.jpeg
生地は濃紺の冬サージ。

耳章は金色。
20180108115815d29.jpeg

タグ。
20180108115816a9a.jpeg
昭和43年、3号。
56〜7センチってところです。

揃えて。
201801081200025a9.jpeg
昭和41年に制定され、昭和48年に制式となるまでの7年は、
まだ灰青色の被服は試行期間で、混ぜこぜだったようです。

まあ、灰青色の方が国鉄らしいですが。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2018/01/08(月) 12:04:46|
  2. 交通系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある戦後ネクタイの話

以前、ふと気になるところがあり、とあるネクタイを調達しました。
201801052142348d7.jpeg

このロゴ、明らかに何かしら航空系の13期生を意味するようにしか受け取れませんよねえ。
20180105214235600.jpeg
甲飛予科練か、はたまた海軍飛行予備学生か。
飛行予備学生13期といえば、多数の特攻隊員を出したことで有名ですね。

因みにネクタイ裏。
201801052142378e2.jpeg
小剣通しもありません。
生地は絹でした。
大方、同期会辺りが戦後に記念品として作ったってところでしょうか。

web拍手 by FC2
  1. 2018/01/05(金) 21:43:36|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実物・陸軍毛布其の二

陸軍毛布については以前も紹介してますが、新たに調達したので再度。
20180105090435d60.jpeg

甲乙表記。
20180105090437eea.jpeg
昭和十四年製、大支廠検定。

紙タグが残ってましたが、一部でよく分かりません。
20180105090438d48.jpeg
納入業者のタグかな。

寸法は同様でしたが、以前の分より生地質がはるかに良質です。
20180105090439d69.jpeg
手触りが良い。

以前の分と。
20180105090440552.jpeg
比べてみると生地質の差は歴然です。
本来は毛布もこんな生地だったんですねえ・・・・・・
web拍手 by FC2
  1. 2018/01/05(金) 09:08:03|
  2. 日本軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出動服その2

というわけで、さらに続き。
20180105090117d33.jpeg
色味は異なりますが、生地は前回同様。
まあ、難燃生地でしょう。

袖章の跡。
20180104223804ec9.jpeg
今度はしっかり残っている。

右胸。
20180104223817407.jpeg
マジックテープ留め。
マジックテープ式かあ・・・・・・

内タグ。
201801042238018b4.jpeg
平成期のもの。
おそらく平成初期。

内ポケット。
201801042238191db.jpeg
今回も釦なし。

襟タグ。
20180104223803f55.jpeg
1A号かな。
それなりに大き目。

ズボン。
20180104223820ad7.jpeg
作りに変化は見られません。

内タグ。
201801042238308d7.jpeg
上衣と同様。

前開き。
201801042238264be.jpeg
やはりジッパー式。
タグは1A。

裾。
20180104223822923.jpeg

例の紐。
201801042238247aa.jpeg

膝の補強。
20180104223828a7a.jpeg

上下。
20180104224232d8d.jpeg

三着揃い踏み。
20180104223831982.jpeg
何はともあれ、袖章ですね。
web拍手 by FC2
  1. 2018/01/05(金) 09:02:08|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

出動服その1

というわけで、前回の続きです。

出動服その1。
201801050017277b9.jpeg
生地は綿と化繊の混紡。
難燃生地でしょうね。

袖章の跡。
201801041944213b9.jpeg
かなり薄い。
アイロン圧着でしょうか。

右胸。
20180104194420782.jpeg
標章は糊付けだったようです。

手持ちの標章は全てドットボタン式で持ち合わせないんですよね。
20180105001725615.jpeg
まあ、その内。

内タグ。
201801041944199b5.jpeg
昭和期のもの。

内ポケット。
2018010419442478f.jpeg
以前の分には釦が有りましたが、今回はなし。
結局あの釦は何だったんだろう。

襟タグ。
20180104194417858.jpeg
3号らしいです。

ズボン。
201801041944232be.jpeg
作りに基本的に変化はありません。

タグ。
2018010419442724a.jpeg
白飛びしてますが3と有りました。
3号かな。

内タグ。
2018010419442957e.jpeg
上衣と同様。

前開き。
20180104194426f3a.jpeg
やはりジッパー式。

裾。
20180104194430419.jpeg

前回触れるのを忘れましたが、本来出動服の裾には紐があります。
201801041944323c7.jpeg
この紐を引いて出動靴を履くと裾が外に出ずに済むそうです。

例によって膝には補強が入ってます。
201801041944335fc.jpeg

取り敢えず袖章縫おうかしら。
2018010500172751c.jpeg

web拍手 by FC2
  1. 2018/01/04(木) 19:52:49|
  2. 警察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。